Windows Memory Diagnostic

| | コメント(4) | トラックバック(0)

・Windows Memory Diagnostic
http://oca.microsoft.com/en/windiag.asp

(2005/06/11 追記 ここから)
・Microsoft オンライン クラッシュ ダンプ解析サービス - windiag
http://oca.microsoft.com/ja/windiag.asp
(2005/06/11 追記 ここまで)

メモリーのテストができます。
Windowsでエラーが発生してるなら、それがRAMやマザーボードのシステムメモリーなどのハードウェアが原因かがWindows Memory Diagnosticでわかります。

まず、Windows Memory Diagnosticを3.5インチフロッピーディスクかCD-ROMにセットアップする必要があります。
そして、そのFDかCD-ROMで起動します。

FDにWindows Memory Diagnosticを作成する方法
1. mtinst.exeをダウンロードします。
2. mtinst.exeを実行し「Windows Memory Diagnostic Setup」を実行します。
3. 「Create Startup Disk...」をクリック。
4. フロッピーディスクドライブを選択します。
5. フロッピーディスクをいれ、「Create」ボタンをクリック。
6. 「Successダイアログ」が出たら完成です。

CD-RにWindows Memory Diagnosticを作成する方法
1. mtinst.exeをダウンロードします。
2. mtinst.exeを実行し「Windows Memory Diagnostic Setup」を実行します。
3. 「Save CD Image to Disk...」をクリック。
4. CDイメージを作成する場所を選択します。
5. CDイメージをCD-R WriterでCD-Rに書き込みます。

作成したFDかCD-ROMでPCをブートするとデフォルトの「Starndard test suite」が自動実行されます。

「T」をタイプすると
・standard testを行ってる時はextended testを行います。
・extended testを行ってる時はstandard testを行います。
「X」をタイプして、Exitするまで、テストは繰り返されます。

standard testのテストの種類は6種類のようです。
extended testのテストの種類は11種類のようです。

「Advanced Options menu」から「basic test suite」や「custom test suite」を選択できるようです。

RAMに完全なテストを行いたいならextended test suiteを一晩かけて実行します。

エラーがでたら、コンピューターを再起動する前にエラーを修正しなくてはいけないみたいです。

Windows Memory Diagnosticがエラーを検出できないこともあるそうです。ハードウェアがきちんと動いてる証拠にはならないそうです。

ISOイメージからCD-ROMを作成するには、Windows Server 2003 Resource Kit Toolsのひとつである「Cdburn.exe」ユーティリティが使えるそうです。

ちなみに私は「CD Manipulator」を使用しました。

・物置部屋。 for CD Manipulator
http://www.storeroom.info/cdm/index.html
「CD Manipulator 開発終了宣言(2003/6/21)」だそうです。

これは、CDブートのCDが作成できると聞いたんですが違うかも?
イメージファイルがあるから、関係ないのかな??
よく分かりません。

「CD Manipulator」で「CDのマスタリング、またはイメージのマスタリングを行います」を実行してCD-Rを作成しました。

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: Windows Memory Diagnostic

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://kinshachi.ddo.jp/mt/mt-tb.cgi/77

コメント(4)

鉄道+パソマニア :

メモリがどうたら工たらでへんなメッセージがでたので、あなたならわかるかと思いコメントしました、詳細としては↓のページをみてください。
マイクロソフトのページですので大丈夫です。http://oca.microsoft.com/ja/windiag.asp

ike :

鉄道+パソマニアさん。
リンクありがとうございますー。
どんなメッセージが出るんでしょう??
分からないかもしれませんがー。

鉄道+パソマニア :

すみません、この問題はメモリの型番を店員が間違えて販売して起こった問題でした。ご迷惑をおかけしてすみませんでした。

ike :

鉄道+パソマニアさん。
正しいメモリを刺したら動いたんですね?
よかったです。
報告ありがとうございました。

コメントする


画像の中に見える文字を入力してください。

このブログ記事について

このページは、ikeが2003年8月 2日 22:14に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「クリエイティブ・コモンズ」です。

次のブログ記事は「無料ツールで作るセキュアな環境」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

最近のコメント

On Windows Memory Diagnostic
  • ike: 鉄道+パソマニアさん。 正しいメモリを刺
  • 鉄道+パソマニア: すみません、この問題はメモリの型番を店員
  • ike: 鉄道+パソマニアさん。 リンクありがとう
  • 鉄道+パソマニア: メモリがどうたら工たらでへんなメッセージ
Powered by Movable Type 4.261