マルチバイト対応なFPDF

| | コメント(2) | トラックバック(0)

FreeのPDFを出力できるクラスライブラリーFPDFで日本語が使えるようになりました。

・PHP DIY #02『日本語を使ったPDFの出力(FPDFで日本語を通す)』
http://airwhite.net/phpdiy02/

リンク (2004/02/05 追記)

「FPDF-J」というサイトが、オープンしていました。

・FPDF-J - FPDF ファンの集い処
http://fpdf.japansite.net/
FPDFの日本語での情報交換を行うためのサイトです。
FPDF は PDFファイルを作成するためのフリーの PHP クラスです。

今の所、「FPDF-J」はあまり盛り上がっていないみたい?

・PRO-WORKS PHP TECH
https://ssl.pro-works.jp/phptech/
日本語のFPDF1.52リファレンスマニュアルがありました。
サンプルも少々。

PDFlibとの違い (2004/08/02 追記)

色々な見方があるのかもしれませんが。

・[PHP-users 22882] Re: PDFモジュール
http://ns1.php.gr.jp/pipermail/php-users/2004-July/023404.html

PDFlibの方が優位のようですね。
暗号化、セキュリティ機能へ対応の有無とかあるんですね。(PDFlibが有り)
詳細は、リンク先を。

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: マルチバイト対応なFPDF

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://kinshachi.ddo.jp/mt/mt-tb.cgi/58

コメント(2)

はに :

FPDFをgoogleで検索してここに来ました。
これを使って基幹系データをPDFに書き出すスクリプト(PHP)を最近作りました。
文法が難しかったですけど、見よう見まねで。

ike :

お、うまくいったみたいですね?よかった!
いつか使うこともあるんじゃないかと、メモっておきました。
そかぁ、文法はちょっと難しいのかぁ。
機会があったら使ってみるぞぉー!

コメントする


画像の中に見える文字を入力してください。

このブログ記事について

このページは、ikeが2003年9月 4日 14:12に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「ColdFusion MX 6.1 用のオンラインマニュアル(日本語版)」です。

次のブログ記事は「パケットモニタ」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

最近のコメント

On マルチバイト対応なFPDF
  • ike: お、うまくいったみたいですね?よかった!
  • はに: FPDFをgoogleで検索してここに来
Powered by Movable Type 4.261