AD-Aware 6 (LavaSoft)

| | コメント(0) | トラックバック(1)

「AD-Aware」はスパイウェアを削除し、プライバシーを保護するWindows用のツールです。

・ AD-Aware 6 (LavaSoft)
http://lavasoft.element5.com/software/adaware/
http://www.lavasoft.de/japanese/software/adaware/

スパイボット(Spybot)ほど多くの対象を扱えませんが、初心者に使いやすい(?)。

Professional Edition : 有料
Plus Edition : 有料
Standard Edition : 無料 (ad-Watchなどは使えない)

2003/10/06現在のバージョンは、Ad-aware 6.0 Personal Build 6.181です。

(2004/12/30 追記 ここから)
ずいぶん前に、Ad-Aware SEが出ています。
・スパイウェアやアドウェアを検知・駆除できるソフト「Ad-Aware SE」が公開
http://www.forest.impress.co.jp/article/2004/09/13/adawarese.html
窓の杜紹介記事
Personal版がフリーソフトです。
(2004/12/30 追記 ここまで)

インストール

・Downloads - Support - Lavasoft
http://lavasoft.element5.com/support/download/
から、AD-AWARE 6 STANDARD EDITIONをダウンロードします。

ダウンロードしたインストーラーを実行し、指示に従ってインストールします。

実行

1. スタートメニューからAd-awareを起動します。
2. 定義ファイルを更新するために、「Status」>「Check for updates now」を実行します。
3. 「Connect」ボタンをクリックします。
4. 新しい定義ファイルがある時は、ダウンロードするか確認ダイアログが表示されるので、「OK」ボタンをクリックします。
5. ダウンロードおよびインストールが完了したら、「Finish」ボタンをクリックします。
6. スキャンを実行するために、「Scan now」>「Start」を実行します。
7. 実行中のプロセスのチェックやスパイウェアのチェックが行われます。
8. (必要なら)隔離するオブジェクトにチェックを入れます。
9. チェックしたオブジェクトを隔離するために、「Quarantine」ボタンをクリックし、ファイル名を入力します。(何かの時に復元できます)
10. 削除するオブジェクトにチェックを入れます。
11. 「Next」ボタンをクリックし削除します。(削除するオブジェクトについても自動的に隔離されるようです)
12. 終了

ランゲージパック

・Downloads - Support - Lavasoft
http://lavasoft.element5.com/support/download/

からダウンロードします。
インストールはインストーラーを実行するだけです。

インストール後、AD-Awareを起動し右上のsetting(歯車のアイコン)をクリックし、「General」の「Language file」で使用する言語を設定します。
2003/10/06現在、日本語には対応していません。

どうしても日本語化したい人は、b.d.c (bottom dead center)から日本語化パッチをダウンロードできます。(2004/02/06 リンク修正)

・Ad-aware 6 Personal, Build 181用 日本語化パッチ (2004/02/06 リンク修正)
http://bdc.s15.xrea.com/index.php?option=com_remository&Itemid=59&func=selectfolder&filecatid=1

ダウンロードした aaw6jp.zip を解凍し、含まれていた aaw6jp_in.exe をAd-awareをインストールしたフォルダにコピーします。
その後、実行 (ダブルクリック)し、指示に従います。

インストール後、AD-Awareを起動し右上のsetting(歯車のアイコン)をクリックし、「General」の「Language file」を「Japanese」設定します。

"Build"及び"Grade"が違う物には使用できません。
ですから、異なる"Build"及び"Grade"にインストールした場合や、Ad-aware 本体をアップデートした場合に文字化けなどの問題が生じることがあります。
Ad-aware 6 Build 181をインストールしたディレクトリにあるUN_Japanese.batを実行(ダブルクリック)すれば、日本語化した物を元に戻す事ができます。
本体アップデート前、文字化けしてしまった時はこれを実行する必要があります。

詳しくは、ダウンロードした日本語化パッチファイルに含まれる「インストール.txt」を参照してください。

なお、AD-Awareのバージョンは、AD-Awareを起動後、右上のiアイコン(about AD-Aware 6)をクリックすると表示されます。

プラグイン
プラグインを入れることによって、機能を拡張できます。

・・・あれ、前やったんだけど、どこからダウンロードしたか忘れちゃった。
本体と同じ場所からダウンロードしたと思ったんだけど、今は、「Our site is temporarily unavailable」になる。一時的に使えないのか、、、?

● LSP Explorer plugin
「Plug-ins」>「LSP Explorer」>「Run Plugin」
とすると、リストが表示されます(何の?)。

● HexDump plugin
検索結果を右クリックして
「Extentions」>「Create Hex-Dump of object」
とすると、ファイルの中身が16進ダンプされます。

・HexDumpインストーラへの直リンク
http://lavasoft.element5.com/software/download/plugins/plhexdump.exe

● FileSpecs plugin
検索結果を右クリックして
「Extentions」>「Extract file details」
とすると、ファイルの詳細が見れるようですが、Professionalのみ対応のようです。

こちらも参考に
SEE:
スパイウエアを検知できるサイト (このblogより)
SpywareBlaster (このblogより)
Spybot S&D (このblogより)
EarthLink Spy Audit (このblogより)

トラックバック(1)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: AD-Aware 6 (LavaSoft)

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://kinshachi.ddo.jp/mt/mt-tb.cgi/36

» 今日の紹介 フリーソフト Ad-Aware SE(SEが薦める役に立つ フリーソフト & ソフト)~のトラックバック

今回の紹介は、スパイウェア等を撃退してくれる 「Ad-Aware SE」です 皆さんは、ウィルスがインターネット上の脅威の全て だと思っていませんか? 実際はそうではなく、スパイウェア等のほかの脅威が存在 するのです その別の脅威から守ってくれるのが こ... 続きを読む

コメントする


画像の中に見える文字を入力してください。

このブログ記事について

このページは、ikeが2003年10月 6日 17:48に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「バイナリファイルのバージョンを調べる方法」です。

次のブログ記事は「SpeedTest」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

最近のコメント

Powered by Movable Type 4.261