Adobe Reader SpeedUp

| | コメント(1) | トラックバック(1)

・TNK-BootBlock.co.uk
http://www.tnk-bootblock.co.uk/prods/misc/index.php

起動時に読み込むプラグインを減らして、「Adobe Reader」の起動を高速化してくれるソフトです。
実際には使ってないPluginって多いんでしょうね。
Adobe Readerの起動が遅いのでついついPDFファイルを開くのを敬遠してしまうことがありますが、そんな思いも少なくなるでしょう。

Adobe Reader SpeedUp v1.12を試しました。
(リンクはv1.10でしたが、実行ファイルはv1.12でした。)

設定

  1. 「Adobe Reader SpeedUp」を作者サイトからダウンロードします。
  2. ダウンロードした「ar-speedup.zip」を解凍します。
  3. 「Reader SpeedUp.exe」を実行します。
  4. 「Change Settings」をクリックしてバックアップ対象のAdobe Readerを選択します。
    私の場合は
    Adeobe Reader Directoryが
    → C:\Program Files\Adobe\Acrobat 6.0\Reader\
    Backup Locationが
    → C:\Program Files\Adobe\Acrobat 6.0\Reader\plug_insBAK\
    になっていました。
    普通はデフォルトのままで良いでしょう。
  5. 「Save」ボタンをクリックして「Setting」ダイアログを終了します。
  6. 「Speed Up」をラジオボタンを選択して、「Next」ボタンを押します。
  7. 使用するPluginsを選択します。
    普通は何が何かわからないと思うので(私はわかりません)、「Select Speed-Up Mode」で「SpeedUp - Fast[recommended]」を選択すれば良いでしょう(多分)。
  8. 「Start」ボタンを押します。数秒で処理が終わります。
  9. 「Finish」ボタンを押して、「Adobe Reader Speed-Up」ダイアログを終了します。

24.5 MB あった「plug_ins」フォルダの容量が 586 KB になりました。
(これら全部のファイルを起動時に読み込んでいたとは限りませんが。。)

実際に起動してみると、確かに起動時のPluginの読み込みがかなり早くなりました!

設定解除

  1. 設定時に使用した「Reader SpeedUp.exe」を実行します。
  2. 「Cange Setting」を押した時に表示される「Settings」ダイアログで正しいパスが入力されていることを確認します。
    変更していなければそのままでかまいません。
  3. 「Restore Original Configuration」ラジオボタンを選択して、「Start」ボタンを押します。
  4. 「Finish」ボタンを押して、「Adobe Reader Speed-Up」ダイアログを終了します。

(2004/06/16 追記 ここから)
「v1.21」を入れてみました

「Adobe Reader Speed-Up v1.21」になってたので、入れ替えてみました。

「v1.16」以前からアップグレードする時は、必ず以前のバージョンの「Adobe Reader Speed-Up」で「Restore Original Configuration」しておく必要があるそうです。

・Adobe Reader Speed-Up v1.16
http://homepage.ntlworld.com/bootblock/files/prods/ar-speedup116.zip
旧版の「v1.16」はこちらからダウンロードできるそうです。

念のため、どのバージョンでも「Restore Original Configuration」してからバージョンアップした方がよさ気。

また、Adobe Reader をバージョンアップする時も「Restore Original Configuration」した方がいいようです。

「v1.20」からプラグインをバックアップするデフォルトフォルダが「plug_insBAK」から「optional」に変わったそうです。

v1.20 - 27th April, 2004.
(略)
- Other: ARSU now backs up plugins using the Optional folder.
This means that Reader loads plugins on demand and consequently you'll never need to do a Restore Configuration ever again.
「Adobe Reader Speed-Up v1.21」のReadMe.txt

と書かれていました。
「Optional」フォルダに移動されたプラグインは、起動時には読み込まれず、必要に応じて読み込まれるようになるのかと思ってやってみたら、そうでもないみたい。

プラグインの詳細は以下などを参照します。
依存性についてもかかれています。

  • 「ヘルプ」>「Adobeプラグインについて」(日本語)
  • 「Adobe Reader Speed-Up」を起動>「Next」>「Plugin Help...」(英語)
  • 「Adobe Reader Speed-Up」に含まれる「PluginHelp.txt」(英語)

例えば、PDFファイルにWebページへのリンクを埋め込むには「Weblink」プラグインが必要ですが、「EScript」プラグインに依存しています。
「Weblink」と「EScript」を残しておけばWebページへのリンクをつけるようになります。

ブラウザでPDFファイルを開かない

● IE

「Adobe Reader」のメニューで設定します。
「編集」メニュー>「環境設定」>「インターネット」>「PDFをブラウザに表示」のチェックを外します。
ブラウザからPDFファイルのリンクをクリックしても、Webブラウザで表示しなくなります。
「Adobe Reader」で開きます。
IEでPDFを開いてしまって、ブラウザの操作を受け付けなくなる事がなくて良いかも。

「Adobe Reader」を起動>「ヘルプ」>「Adobe Readerヘルプ」>「目次」タブ>「カスタマイズ」>「他のアプリケーションからPDF文書を表示」>「WebブラウザでPDF文書を表示(Windows)」に書かれている内容。
(2004/06/16 追記 ここまで)

● Firefox (2004/08/18 追記)

上記方法はMozilla Firefox 0.8には効かないみたい。

Firefox 0.9.3の場合以下の様にすると、PDFファイルをブラウザで直接開かなくなります。

  1. 「Tool」>「Option」>「Download」>「Plug-ins...」ボタン
  2. 「PDF」の「Enabled」チェックをはずす

保存後、「Tool」>「Option」>「Download」>「File Types」がPDFの行で指定した動作をします。
この動作を変更するには、「Change Action...」ボタンをクリックします。

  • 「Open them in the Default application」:デフォルトのアプリケーションで開きます
  • 「Open them in this application」:指定したアプリケーションで開きます
  • 「Save to Disk」:ディスクに保存します

トラックバック(1)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: Adobe Reader SpeedUp

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://kinshachi.ddo.jp/mt/mt-tb.cgi/168

» Adobe Readerの起動を高速化(きまぐれブログ)~のトラックバック

この間起動が速いFoxit PDF Readerを紹介しましたが、Foxit PDF Readerになじめず、Adobe Readerに戻ってしまった人もいるかもしれません。ですが、Adobe Readerを高速化する方法も実はあります。Adobe Reader Speed-UPを使えばAdobe Readerの起動を高速化することが可能... 続きを読む

コメント(1)

ワシ :

MS Office も速くしてもらいたいもんだ

コメントする


画像の中に見える文字を入力してください。

このブログ記事について

このページは、ikeが2004年2月 1日 00:59に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「AIDA32 Enterprise System Information」です。

次のブログ記事は「日本語版 MBSA 1.2」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

最近のコメント

On Adobe Reader SpeedUp
  • ワシ: MS Office も速くしてもらいたい
Powered by Movable Type 4.261