交換前後のHDDの性能の違い

| | コメント(0) | トラックバック(0)

HDD交換前後のパソコンをベンチマークソフトで比較しました。

今回使用したベンチマークソフトは昔ながらのHDBENCH Ver 3.30

以前のHDDはMK4018GAS
今のHDDはMK4019GAX

(当然ながら)HDD以外の測定結果はほとんど変わりませんでした。

● MK4018GAS (以前のHDD)

Read   Write    Copy  Drive
2046    2008     937  C:\100MB

● MK4019GAX (今のHDD)

Read   Write    Copy  Drive
21750   19733    1280  C:\100MB

「Copy」は大して変わらないものの「Read」と「Write」は約10倍になりました。

回転数は上がってるけど、スペックはほとんど同じ。
スペック上ではディスク転送速度は30%もアップしていません。
バッファが「2MB」→「16MB」が効いてるのかな?

それとも、変な音がしてたし、以前のHDDが壊れてたかな?
それか、デフラグメントがひどかったとか?

とりあえず、今度HDDの調子が悪くなった時のためのメモ。
完全な個人ネタになってしまいました。

同じ作者のFDBENCHっていう新しいベンチマークソフトが出てたんですね。
知らなかった。

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: 交換前後のHDDの性能の違い

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://kinshachi.ddo.jp/mt/mt-tb.cgi/212

コメントする


画像の中に見える文字を入力してください。

このブログ記事について

このページは、ikeが2004年3月11日 01:24に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「WindowsXP再インストール」です。

次のブログ記事は「Linuxの各ディストリビューション情報」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

最近のコメント

Powered by Movable Type 4.261