Subversion

| | コメント(0) | トラックバック(0)

CVSに続くバージョン管理システム。
CVSを使ってるので、Subversionにも興味あります。

いつか使う時のための簡単なめも。
実際に動かしたわけではないので、間違えてる可能性大ですが・・・。

特徴は、

  • ファイル単位ではなく、Subversionでは リポジトリにリビジョン番号がつきます。
  • CVSで出来なかったファイルの移動ができます。
  • ディレクトリを旨く扱えます。
  • リポジトリ全体が1個のBerkeleyDBファイルに入ります。
  • バイナリファイルに対しても効率のよい差分アルゴリズムが採用されています。

などらしい。

簡単な使い方(接続方法?)

以下の情報源は主にSubversion 1.0.0 released! (/.J)

ローカルにリポジトリがある場合は、Subversion単独で動作します。
Apacheもsvnserveもいりません。
Apacheやsvnserveがあるとリポジトリにネットワーク越しでアクセスできます。
リポジトリはNFSで共有してはいけません。

● 「svnserve」を使用する

第6章 サーバの設定 (svnserve, 専用サーバ)も参考のこと。

#サーバ側
#適当なディレクトリにリポジトリを作成
$ svnadmin create myrepo
#「svnserve」サービスを起動
$ svnserve -d
#クライアント側からチェックアウト
$ svn co svn://myhost/home/yourname/myrepo

● デーモンを立ち上げない方法

SSHログインしてsvnserveをテンポラリに立ち上げてSSH経由でチェックアウトする。

$ svn co svn+ssh://myhost/home/yourname/myrepo


リンク

・subversion.tigris.org (本家)
http://subversion.tigris.org/

・Subversionによるバージョン管理(日本語訳)
http://subversion.bluegate.org/

・Subversion: 公式ガイド
http://shiba.zive.net/book.html

・Subversion for CVS Users
http://osdir.com/Article203.phtml

・CVSユーザのためのSubversionガイド
http://d.hatena.ne.jp/wakatono/20040307#p2
Subversion for CVS Usersの邦訳

・Subversion によるバージョン管理 (2004/03/16 追記)
http://subversion.bluegate.org/doc/book.html
邦訳

・Subclipse
http://subclipse.tigris.org/
Eclipse 用のプラグイン

・AnkhSVN
http://ankhsvn.tigris.org/
Visual Studio 用プラグイン

・TortoiseSVN
http://tortoisesvn.tigris.org/
Windowシェルに組み込まれるSubversionクライアント

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: Subversion

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://kinshachi.ddo.jp/mt/mt-tb.cgi/214

コメントする


画像の中に見える文字を入力してください。

このブログ記事について

このページは、ikeが2004年3月11日 13:48に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「Linuxの各ディストリビューション情報」です。

次のブログ記事は「UTF-8対応TeraTerm Pro」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

最近のコメント

Powered by Movable Type 4.261