IISのメタデータ

| | コメント(0) | トラックバック(0)

IISのメタデータはIIS の設定のみの情報。コンテンツの情報は含まれません。
IISのメタデータって、「IIS 5.0, 5.1」と「IIS 6.0」じゃフォーマットが変わってたんですね。

MetabaseExplorer

2004/04/04 現在のバージョンは、1.6。
IIS 6.0 Resource Kit Tools」に含まれます。
Windows 2000、Windows XP Professional、Windows Server 2003上で動きます。
「.NET Framework version 1.1」が必要です。
「IIS MetaEditユーティリティ」の後継かな?
「View」>「Inherited Data」で上位から(?)引き継がれたデータも表示できます。

「Export to file」メニューはツリーを右クリックすると表示されます。
「Metabase」>「Import Key」でファイルをインポートすると、ツリーに「Archive」ノードが追加されます。
ノードを ドラッグ&ドロップすると、「Replace」「Merge」「Copy」する事が出来ます。

MetabaseExplorer

SEE:
IIS 6.0 Resource Kit Tools (このblogより)

IIS MetaEditユーティリティ

・232068 - [IIS]FILE: IIS MetaEdit 2.2 ユーティリティをダウンロード、インストール、およびアンインストールする方法
http://support.microsoft.com/default.aspx?scid=kb;JA;232068
レジストリエディタ風にメタデータを扱えます。
インポート/エクスポートも可能です。
日本語は表示できないっぽい。
IIS 4.0とIIS 5.0用です。
IIS 6.0が入ってるマシンで動かしたら警告が出ました。表示や書き換えはできたっぽいけど、できない場合(壊れる場合)もあるのかも?

IIS MetaEditユーティリティ

adsutil.vbs (コマンドライン)

・Adsutil.vbs コマンド (Microsoft TechNet)
http://www.microsoft.com/japan/technet/prodtechnol/windowsserver2003/proddocs/standard/prog_use_adsutil.asp
Microsoft Visual Basic Scripting Edition (VBScript) を Active Directory サービス インターフェイス (ADSI) と共に使用して IIS の構成を操作する、IIS の管理ユーティリティです。

# HELPの表示
C:\Inetpub\AdminScripts> CScript adsutil.vbs
# HELPの表示
C:\Inetpub\AdminScripts> CScript adsutil.vbs HELP
# 「W3SVC/1」を列挙
C:\Inetpub\AdminScripts> CScript adsutil.vbs ENUM W3SVC/1
# 「W3SVC/1/Path」を取得
C:\Inetpub\AdminScripts> CScript adsutil.vbs GET W3SVC/1/ROOT/Path

メタデータの場所 (IIS 5.0, 5.1)

バイナリ形式です。

メタベースファイル
「%SystemRoot%\system32\inetsrv\MetaBase.bin」

バックアップが作成されるフォルダ
「%SystemRoot%\system32\inetsrv\MetaBack\」

バックアップファイル
「%SystemRoot%\system32\inetsrv\MetaBack\名前.mdN」 (N=0..)

メタデータの場所 (IIS 6.0)

XML形式です。

メタベースファイル
「%SystemRoot%\system32\inetsrv\MetaBase.xml」
「%SystemRoot%\system32\inetsrv\MBSchema.xml」

バックアップが作成されるフォルダ
「%SystemRoot%\system32\inetsrv\MetaBack\」

バックアップファイル
「%SystemRoot%\system32\inetsrv\MetaBack\名前.mdN」 (N=0..)
「%SystemRoot%\system32\inetsrv\MetaBack\名前.scN」 (N=0..)

バックアップファイルを暗号化する

IIS 5.1以上の場合、IISマネージャでメタデータをバックアップする時にパスワードと暗号化を行えます。

IIS メタデータバックアップ パスワードと暗号化を行う

メタデータの復元方法

・325889 - [HOWTO] IIS 5.0 と IIS 5.1 を削除して再インストールする方法
http://support.microsoft.com/default.aspx?scid=kb;ja;325889
IIS 5.0, IIS 5.1の話。
IIS の設定をバックアップ、復元する方法。
「インターネット サービス マネージャ」>「構成のバックアップ/復元」を使用する方法。
この方法ではOSの再インストール時、他のコンピュータへの復元はできません。
「復元が失敗したことを示すエラー メッセージが表示された場合」の対処法あります。

・234429 - [IIS]バックアップが存在しない場合のメタベースの手動による復元方法
http://support.microsoft.com/?id=234429
IIS 5.0, IIS 5.1の話。
IISとそれに依存するサービスを停止して、バックアップファイルを「%SystemRoot%\system32\inetsrv\MetaBase.bin」に配置する方法。
バックアップ ファイルや一時バックアップが存在しない時は、再インストールを行うしかない(IIS の設定は失われる)ようです。

・バックアップ ファイルからメタベースを復元する (Microsoft TechNet)
http://www.microsoft.com/japan/technet/prodtechnol/windowsserver2003/proddocs/standard/mb_rely_backuprestore.asp
IIS 6.0の話。
IIS マネージャを使って、バックアップ/復元する方法。
あるコンピュータから別のコンピュータにメタベースを復元する場合は、先にメタベース ファイルからコンピュータ固有情報を削除する必要があります。
旧バージョンの IIS のバックアップの復元はサポートされていません。

・IIS 構成をコピーする (Microsoft TechNet)
http://www.microsoft.com/japan/technet/prodtechnol/windowsserver2003/proddocs/standard/cl_as_copycnfg.asp
IIS 6.0の話。
「iiscnfg.vbs」を使用して、あるコンピュータの IIS のメタベースおよびスキーマを、別のコンピュータにコピーする方法。

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: IISのメタデータ

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://kinshachi.ddo.jp/mt/mt-tb.cgi/240

コメントする


画像の中に見える文字を入力してください。

このブログ記事について

このページは、ikeが2004年4月 4日 18:27に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「古いエントリの変更履歴 (2004/03)」です。

次のブログ記事は「Googlebot-Image (bot)」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

最近のコメント

Powered by Movable Type 4.261