HashTab Windows Shell Extension

| | コメント(0) | トラックバック(0)

・HashTab Windows Shell Extension
http://www.beeblebrox.org/hashtab/index.php

ファイルのプロパティのダイアログに「File Hashes」が追加されます。
「MD5」「SHA1」「CRC-32」のハッシュ値を表示、比較できます。

ファイルをダウンロードする時に、ファイルの正当性を確認する用のMD5のハッシュ値が公開されている事がよくあります。
確認用に使えそう。
ファイル数が少ない時はこれがいいかも。

■ コマンドラインでハッシュ値をとるには

Windows上ではCygwinを入れて以下のコマンドを実行していました。

# MD5の場合
C:\> md5sum hashtab_setup.exe
\9030e83c26bf3030f3b3c9271eb3f826 *C:\\hashtab_setup.exe
# SHA1の場合
C:\ sha1sum hashtab_setup.exe
63f0314813064921a500b736377c21e47f74f044 *hashtab_setup.exe

バイナリファイルなら「-b」オプションを付けたほうがいいかも。(デフォルト?)

あれ?この辺のコマンドって、Cygwinのどのパッケージに入ってたんだっけ?

「CRC-32」はコマンドラインでどうやって求めるんだろう?

上記コマンドで求めたMD5値を使って比較してる図↓。

HashTab Windows Shell Extensionでハッシュ値を比較

リンク

・ファイルのプロパティでハッシュ値を確認・比較「HashTab Shell Extension」
http://www.forest.impress.co.jp/article/2004/04/13/hashtab.html
MD5やCRC32のほか、アメリカ政府で標準採用されている160bitの“SHA1”にも対応
「窓の杜」紹介記事

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: HashTab Windows Shell Extension

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://kinshachi.ddo.jp/mt/mt-tb.cgi/266

コメントする


画像の中に見える文字を入力してください。

このブログ記事について

このページは、ikeが2004年4月16日 23:52に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「ViennaSQL」です。

次のブログ記事は「WeBoX」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

最近のコメント

Powered by Movable Type 4.261