PHP Simple Debugger

| | コメント(2) | トラックバック(0)

・ISHINO16
http://uprising.s16.xrea.com/ishino16/phpdbg1.html

「PHP Simple Debugger」は「DBG (http://dd.cron.ru/dbg/)」を使ったシンプルなPHPデバッグツールです。

「PHP Debugger DBG」のインストール

まず、「PHP Debugger DBG」をインストールします。

・DBG | PHP Debugger and Profiler.
http://dd.cron.ru/dbg/

「free version of DBG」をダウンロードします。
今回は、Win32用の「DBG 2.11.23 zip」(DBG 2.11.23)をダウンロードしました。

● WEBサーバ側の設定

PHPが動作するWEBサーバ側で設定します。

「php_dbg.dll-x.x.x」(x.x.xはバージョン)をphp extensionsをインストールしているフォルダにコピー。(例えば「C:\php\extensions」)

「edit php.ini」を編集します。

extension=php_dbg.dll-x.x.x
# ZendOptimizer か、他の Zend extension(s)を使ってる時のみ
zend_extension=/pathtophpextensions/php_dbg.dll-x.x.x
# [Debugger]セクションを追加
[Debugger]
debugger.enabled=on
debugger.profiler_enabled=on

● クライアント側の設定

「PHP Debugger DBG」の「Client」フォルダにある「install.bat」を実行します。

ちなみに、「PHP Debugger DBG」をアンインストールするバッチファイルがありませんでした。
こんな感じのバッチファイルでアンインストールできるかな?

REM uninstall.bat
DbgListener.exe -UnregServer
regsvr32 /u PHPDbgPS.dll

PhpSimpleDebuggerのインストール

● クライアント側で実行

  1. PHP Simple Debugger 本体をダウンロードし、適当なフォルダに解凍します。
  2. 「install.bat」
    または、
    C:\> PhpSimpleDebugger.exe /Regserver
    
    を実行します。
  3. 「DbgListener.exe」を実行します。
  4. タスクトレイに常駐します。
  5. 「タスクトレイのDbgListenerを右クリック」>「Setup」すると、「DBG Listener : Setup」ダイアログを開きます。
  6. 「IDE COM class」で「PHP Simple Debugger」を選択します。
  7. 「タスクトレイのDbgListenerを右クリック」>「Exit」でDbgListener.exeを終了します。
  8. 「DbgListener.ini」ファイルのcodepageを編集します。
    codepage=28591  ;ISO-8859-1
    
  9. 「DbgListener.exe」を実行します。
  10. 「PhpSimpleDebugger.exe」を実行します。

外部エディタを使ってリモートサーバ上のコードを修正するに以下を設定する必要があります。

「Options」>「Path」タブ>「External Editor Setting」>「Server Path」と「Local Path」

「Server Path」はサーバから見たパス、「Local Path」はローカルから見たパスです。
サーバがローカルにある場合は設定の必要はないそうです。

○例
Server Path : 「C:\Inetpub\wwwroot」
Local Path : 「\\SERVER_NAME\Inetpub\wwwroot」
(「C:\Inetpub」が共有されている時)

使ってみました

PHP Simple Debugger

あまりWEBアプリのデバッグツールを使った事がないので、どういうものが多いか分からないけど。。。

基本的に外部プログラムを起動して使うみたい。

  • 「Source」タブから外部エディタを起動
  • 「output」タブから外部ブラウザを起動

など。
IDEではないから当然かな。
ちょっとしたデバッグに向いてるのかも。
コードをすぐに修正したい人は、IDEの方がいいのかもしれませんね?
「PHPEditor(Win)」の様なデバッグ機能がないエディタを使ってる人に良いかも?

SEE:
PHPエディタ(forWin) (このblogより)

「Source」タブにおいて、黄色がブレークポイント、赤が現在の行(もしくはエラー行?)のようです。

POSTしてページ遷移した場合のデバッグはできないのかな?
POST後にデバッグする機会って多そうだけど。

外部ブラウザを起動した時に、HTTPヘッダも表示されるのはわざとかな?
それとも私の設定がいけないのかな?

デバッグのモードらしいけど、JIT/REQモードって何でしょう?

  • REQ=スクリプトが始まったらすぐにデバッグクライアントに接続しようとする?
  • JIT=エラーが発生した時だけ接続しようとする?

かな?意味が良くわからないけど。
REQモードはURLを入力してREQボタンを押せば良いっぽい。
JITでの使い方は?

ウィンドウに表示される名称が「PHP Simple Debuger」と成ってるけど、それは気にしない。

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: PHP Simple Debugger

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://kinshachi.ddo.jp/mt/mt-tb.cgi/272

コメント(2)

通りすがり :

現在Zend OptimizerとDBGって同居できるんですか?
知らなかった・・・

ike :

通りすがりさん。
あああー、どうなんでしょう・・・?
違ってるかも。。。(汗)

コメントする


画像の中に見える文字を入力してください。

このブログ記事について

このページは、ikeが2004年4月20日 19:26に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「パーソナルファイヤーウォールを入れた時の速度比較」です。

次のブログ記事は「EarthLink Spy Audit」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

最近のコメント

On PHP Simple Debugger
  • ike: 通りすがりさん。 あああー、どうなんでし
  • 通りすがり: 現在Zend OptimizerとDBG
Powered by Movable Type 4.261