MLにスパム

| | コメント(0) | トラックバック(0)

No:1270 (2004/05/03 17:03)No:0004467 (2004/05/04 00:37) までかなぁ。

4467-1269=3198通かぁ。
ML全体の3割以上がスパム。
7.5時間ずっと送ってたのかなぁ?
メールサーバも送られた人のメールボックスも大変だったろうなぁ。
今のボックスの上限ってどのくらいが一般的なんだろう?

途中から、SpamCopのエラー(レポート?)が出てるっぽい。
SpamCopはブラックリストを使ったSpam対策のサービスらしい。

・SpamCop - Beware of cheap imitations
http://www.spamcop.net/
多分これ。

始めは普通の(?)スパムだったけど、途中から誰かがSpamCopに登録して(No:1288)、スパムに対するレスポンスやエラーがMLに送られるようになったのかな?

別のMLに配信しするメールヘッダが、メールボディに書かれてるものもあるみたいだけど、なんだろう?

このMLは「誰でも投稿できる」できるオープンな方式をとっているので、「防止」という意味では難しいのかも。
大量スパムの後も、自由に発言できるようにしてる雰囲気を感じます。

MLのスパム対策で一般的なモノはなんだろう?
MLの管理ソフトに基本的なものは付いてるのかな?
# ブラックリストを登録くらいは出来そう。

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: MLにスパム

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://kinshachi.ddo.jp/mt/mt-tb.cgi/281

コメントする


画像の中に見える文字を入力してください。

このブログ記事について

このページは、ikeが2004年5月 8日 14:26に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「Snort + IDScenter」です。

次のブログ記事は「OinkmasterでSnortのrulesetを自動更新をする」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

最近のコメント

Powered by Movable Type 4.261