Best Practices Analyzer

| | コメント(0) | トラックバック(3)

SQL Server (MSDE) の状態や構造が慣例に則しているか確認するツール。
2004/05/31現在英語版しかありませんね。
バージョンは、1.0。

・Best Practices Analyzer Tool for Microsoft SQL Server 2000 1.0
http://www.microsoft.com/downloads/details.aspx?FamilyID=b352eb1f-d3ca-44ee-893e-9e07339c1f22&DisplayLang=en

YamaKenさんのところ経由。
・Microsoft Download Center で見つけているツール
http://blogs.sqlpassj.org/yamaken/archive/2004/05/27/2490.aspx

インストール

インストール時に、SQL BPA Repository(Best Practices Analyzerを動作させるのに必要なデータベース)をSQL Server(かMSDE)上に作成します。
このレポジトリには、SQL BPAの全てのルールとレポートが含まれています。
よって、インストール時に接続できる状態になっていること。

「マシン名」と「データベース名」と「認証方法」を入力する必要があります。

Best Practices Analyzerのインストール

デフォルト
マシン名:localhost
データベース名:sqlbpa (まだ存在していないデータベース名を指定すること)
認証方法:Windows認証(推奨)

実行してみる

見栄えは、MBSAに似てるかも?

Best Practices Analyzerの起動時の画面

  1. 「SQL BPA Repository」があるSQL Serverにログインします。
    Best Practices Analyzerのログイン時の画面
    1. 左の「Login」をクリックします。
    2. 必要な項目を入力します。
    3. 「SQL Server Instance」はインストール時に指定した「SQL BPA Repository」があるSQL Serverです。

  2. 解析対象のSQL ServerをBPA Repositoryに追加します。
    Best Practices Analyzerで解析対象のSQL Serverをレポジトリに登録する
    1. 左の「SQL Server Instances」をクリックします。
    2. 必要な項目を入力します。
    3. 「SQL Server Instance」は解析対象のSQL Serverのインスタンス名です。
    4. 「friendly name」はSQL BPAがそれぞれのSQL Serverを識別するのに使う名前です。
      「Best Practice Group」を作成する時に使用します。
      図では後で分かるように「friendly name」を「SQL Server Instance」とは違う名前にしています。
    5. 「Database List」は解析対象のデータベース名です。
      「*」を指定すると全てのデータベースを対象にします。
      ただし、「master」「tempdb」「msdb」「pubs」「northwind」を除かれるようです。
    6. 「Trace File(s)」は・・・?
    7. 「Save」ボタンをクリックして設定を保存します。
    8. 更に解析するSQL Serverのインスタンスを登録したい場合は「Add SQL Server Instance」をクリックして、同様に追加していきます。

  3. 「Best Practice Group」を作成します。
    SQL Serverのインスタンスとルールセットを組み合わせて「Best Practice Groups」を作成します。
    この「Best Practice Groups」毎に解析を行います。
    既に、グループを作成済みの場合は次のステップに進みます。
    Best Practices Analyzerの「Best Practice Group」作成画面
    1. 左の「Best Practice Groups」をクリックします。
    2. 「Create Best Practice Group」をクリックします。
    3. 必要な項目を入力します。
    4. 「Best Practice Group Name」にグループの区別がつくように名前を入力します。
    5. 「Description」にはこのグループの説明を書いておきましょう。
    6. 「SQL Server Instances」では「Best Practice Group」に含めたいSQL Serverのインスタンスを指定します。(複数指定可能)
    7. 解析する「Rules」を選択します。
      「Category Filter」を選択すると、そのカテゴリに対応する「Rules」のみが表示されます。
      とりあえず、「Select All」ボタンを押しました。
      「Object Prefixes」「Object Suffixes」はプロパティを設定しないといけないらしく(NULLのエラーが出た)のでチェックをはずしました。
      例えば「ユーザテーブルには「TBL_」という接頭辞(prefix)が付いてる事」などの決まりがある場合、「Object Prefixes」ルールの「Show propaty value for this rule.」アイコンをクリックして、「ObjectPrefix(string)」に「TBL_」を、「ObjectType(string)」に「U」を選択すれば良いようです。
      ルール名をクリックすると、IEでルールの説明が表示されるので参考にして下さい。(英語)
      また、「Rule Properties」のテキストボックスにマウスカーソルを合わせると簡単なヘルプがポップアップで表示されます。
    8. 「Save Best Practice Group」をクリックしてグループを保存します。

  4. 解析を実行します。
    1. 左の「Best Practice Groups」をクリックします。
    2. 「Best Practice Groups」(解析するSQL Serverとルールのセット)の名前をクリックして、解析するグループを下の「Best Practice Groups to be Executed」に持ってきます。
      Best Practices Analyzerで解析する
    3. 「Scan SQL Server Instances」をクリックします。
    4. 解析をする前に解析するSQL Serverのインスタンスにログインしておく必要があります。(Scan SQL Server Instances - Step 1)
      SQL Server認証の場合は、ユーザ名とパスワードを入力し、「Next」をクリックします。
      Windows認証の場合は、そのまま「Next」をクリックします。
    5. 解析が始まります。(Scan SQL Server Instances - Step 2)

  5. 解析が終了するとレポートが表示されます。
    Best Practices Analyzerのレポート
    1. 再度レポートを表示したい時は、左の「Compliance Reports」をクリックします。
    2. 表示したいレポート(Execution ID)をクリックします。
      Best Practices Analyzerのレポート
    3. 「Rule Information」をクリックすると、IEでルールの説明が表示されます。
    4. 「Scan Details」をクリックすると、詳細な結果が表示されます。

  6. 全て終了したら、左の「Logout」をクリックして「SQL BPA Repository」があるSQL Serverからログアウトして終了します。

アンインストール

アンインストーラーで削除しても、「SQL BPA Repository」は削除されませんねぇ。
インストール時に作成した「SQL BPA Repository」データベース(デフォルト:sqlbpa)を手動で削除しちゃえば大丈夫そうに見えるけど、どうかな?

ドキュメント

● ユーザガイド

「[インストールフォルダ]\docs\MSBPA_User_Guide.doc」にユーザガイドがインストールさえていました。(英語)

  • 使い方
  • レポートの出力について
  • コマンドラインからSQL BPAを実行できるbpacmd.exeの説明

などについて書かれています。

このドキュメントに書かれてる「Purge Reports」はきっと「Remove Report」の事だと思うなぁ。(探しちゃった)

● ルールの説明

「[インストールフォルダ]\html\RuleInformation.html」にルールの説明ファイルがあります。(英語)

このルールの意味をよく理解してないと、設定できないよなぁ。。。

(2004/06/18 追記 ここから)
リンク

以下の動画説明 (MSDN TV) は、トラックバックしてくれた「松本崇博 Blog」のMSDN TV: SQL Server Best Practices Analyzer (松本崇博 Blog)で知りました。
動画説明って良いですねー。

・MSDN TV: SQL Server Best Practices Analyzer
http://msdn.microsoft.com/msdntv/episode.aspx?xml=episodes/en/20040610sqlserverck/manifest.xml
概要紹介のビデオ。
ストリーミングで見る場合、
最初に(多分)Christian Kleinermanさんを映して言葉のみの概要説明が続きます。
00:17:53あたりで別ウィンドウが開き、画面を操作しながら説明があります。
画面操作説明が終わると、元の画面に戻ってChristian Kleinermanさんの説明が続きます。
英語の得意な方はどうぞ。

・MSDN TV: SQL Server Best Practices Analyzer
http://www.microsoft.com/downloads/details.aspx?FamilyId=7E67D087-F098-49A9-8975-5B7290E3E2BA&displaylang=en
上記概要紹介をダウンロードできます。
「20040610SQLServerCKDemo.exe」は画面の操作説明部分の動画のみ(ChristianKleinerman_Demo.wmv)。
「20040610sqlserverck.exe」は全体を(「Microsoft Offline Presentations(?)」という仕組み(?)で)インストールしてくれます。
(2004/06/18 追記 ここまで)

トラックバック(3)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: Best Practices Analyzer

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://kinshachi.ddo.jp/mt/mt-tb.cgi/293

» Best Practices Analyzer Tool for Microsoft SQL Server 2000の紹介(中の技術日誌)~のトラックバック

Best Practices Analyzer Tool for Microsoft SQL Server 2000の紹介 続きを読む

» Best Practices Analyzer Tool for Microsoft SQL Server 2000の紹介(中の技術日誌)~のトラックバック

Best Practices Analyzer Tool for Microsoft SQL Server 2000の紹介 続きを読む

» re: MSDN TV: SQL Server Best Practices Analyzer(松本崇博 Blog)~のトラックバック

re: MSDN TV: SQL Server Best Practices Analyzer 続きを読む

コメントする


画像の中に見える文字を入力してください。

このブログ記事について

このページは、ikeが2004年5月31日 00:16に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「古いエントリの変更履歴 (2004/05)」です。

次のブログ記事は「Internet Explorerの修復」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

最近のコメント

Powered by Movable Type 4.261