WebStretch

| | コメント(4) | トラックバック(0)

・SourceForge.net: Project Info - webstretch
http://sourceforge.net/projects/webstretch/

Proxyとして動作して、HTTPリクエストを表示/変更して、Webサイトを評価するツール。

Java 1.3 以上が必要です。
Java上で走るので、OS非依存です。

2004/07/15現在のバージョンは 0.1.6。
Windows2000上で使ってみました。

起動と終了

● 起動

C:\webstretch> java -jar webstretch.jar
**     Starting webstretch proxy          ***
  Proxy web page URL is http://webstretch
*********************************************
* Ensure browser has the following settings
* Proxy IP address = 192.168.1.11
* Proxy port       = 9091
*********************************************

ブラウザのProxy設定を127.0.0.1:9091に変更します。

● 終了

「http://webstretch」にアクセスし、上部の「Shutdown」リンクでシャットダウンします。

WebStretchを起動したコンソールで「Ctrl+C」でもいいかもしれません。

設定

「http://webstretch」から設定が出来ます。

「Configuration」>「Server Configuration」>「External Proxy (Proxy Chaining)」で外部プロキシを設定できます。

「Configuration」>「Server Configuration」>「Proxy Client Restriction」にWebStretchにアクセス可能なIPアドレスを入力します。
何も入力しなければ全てのIPアドレスから受け付けるようです。
指定する場合は、1つしか指定できないみたい?
アクセス不可能なIPアドレスからアクセスがあると、以下の様に表示されます。(この例ではアクセス不可能な127.0.0.1からアクセス)

Unauthorized access attempt by 127.0.0.1

ローカルアドレスからのみ受け付ける場合は「127.0.0.1」と入力しておきます。
ローカルマシンからのアクセス(または操作可能なマシンのアドレス)を遮断してしまった場合、コンソールで「Ctrl+C」をしてWebStretchを再起動すれば大丈夫です。

「Configuration」>「Request Configuration」>「Inspect all HTML requests」にチェックをつけると、リクエストをトラップします。(WEBサイトの検査時にチェックしておきます)

「Configuration」>「Request Configuration」>「Alert Words」にカンマ区切りで文字列を入力しておくと、リクエストにその文字があった場合、トラップした画面で(赤で小さく)警告が表示されます。

また、ファイル「server.properties」で「WebStretchのプロキシーポート」「外部プロキシのホストとポート番号」「スレッド数」を設定できます。

使ってみる

ブラウザのプロキシを「WebStretch」に設定して、調査対象のWebサイトにアクセスします。

WebStretch

メソッド、URI、ポート番号、HTTP Version、パラメータ、HTTPリクエストヘッダ、ボディなどの編集は出来そうですが、追加は出来なさそうでした。

「Submit Request」ボタンを押すと編集したHTTPリクエストを送信します。

HTTPレスポンスのコメントがWebStretchを起動したコンソールに表示されます。
日本語は不可(文字コードによる??)

ブラウザとプロキシアプリを行ったり来たりしなくていいのが良いかもしれません。

HTTPステータスが 302 や 501 で返ってきた時に、アクセスしっぱなしになったり、怪しい動作する?

勝手にShutting downすることがありました。不安定?

Software caused connection abort: socket write error
java.net.SocketException: Software caused connection abort: socket write error
        at java.net.SocketOutputStream.socketWrite0(Native Method)
        at java.net.SocketOutputStream.socketWrite(Unknown Source)
        at java.net.SocketOutputStream.write(Unknown Source)
        at java.io.BufferedOutputStream.write(Unknown Source)
        at java.io.FilterOutputStream.write(Unknown Source)
        at net.sourceforge.webstretch.response.InspectionResponse.sendResultsToClient(InspectionResponse.java:222)
        at net.sourceforge.webstretch.server.ProcessRequest.run(ProcessRequest.java:47)
 
** Shutting down webstretch proxy         ...

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: WebStretch

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://kinshachi.ddo.jp/mt/mt-tb.cgi/317

コメント(4)

grin :

以前にもコメントしました
grinです。時々リンク張らせていただいてます。

WebStretchを手前味噌的にですが
ちょこっと昨日寝る前にいじったのですが
他のローカルプロクシ系のツールより重い印象をうけました。
ikeさんはどうでした?

僕の実験環境はWinXP+IE or NN or FireFox
です。

ike :

grinさん。

そうですねー。
私の印象では、重さより、レスポンスが返ってこなかったり、時々落ちちゃう方が気になりました。

Google を表示しようとするとレスポンスが返ってこないんですが grin さんはどうですか?(パケットキャプチャするとレスポンスを受信はしてるみたい)
本文に書いた「HTTPステータスが 302 や 501」の時おかしくなるというのは違う気がしてきました。

あと、ロケーションバーが「 http://www.example.jp/proxyprocess 」の様にパス部分(?)が「/proxyprocess」になってしまうのが気になりました。
すぐにどのファイルを表示してるか分からないので。
WEBサーバのログは普通のリクエストのログが残りますが。サーバにも「/proxyprocess」を送信してたらレスポンスを返せませんね。
(別に良いんですが、)リクエスト変更フォームを表示した時、WEBサーバにHEADリクエストを送ってますね(ログが残ります)。

パラメータやヘッダの追加、削除をしたい事もあるだろうなぁと思いました。

grin :

http://www.google.co.jp/に対しては僕も同じ結果でしたね。
googleからHTTP 200は返ってくるものの
最終的にはタイムアウトでした。
色々なサイトをアクセスしてみたのですが
中にはWebstretchが落ちてしまうこともありました。
これからの更新に期待といったところですかね。

ike :

grinさん。
やっぱりそうですかー。
更新に期待しましょうー。

コメントする


画像の中に見える文字を入力してください。

このブログ記事について

このページは、ikeが2004年7月15日 13:45に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「BugMeNot」です。

次のブログ記事は「Popup ALT Attributes」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

最近のコメント

On WebStretch
  • ike: grinさん。 やっぱりそうですかー。
  • grin: http://www.google.co
  • ike: grinさん。 そうですねー。 私の印
  • grin: 以前にもコメントしました grinです。
Powered by Movable Type 4.261