Apacheの拡張子の処理の話し

| | コメント(0) | トラックバック(0)

Apacheの拡張子の処理の話し。

ファイル名が basename.ext1.ext2 の場合に、
  • ext1 と ext2 の両方のメタ情報が定義されていれば、より右側にある ext2 のメタ情報が採用される。たとえば foo.gif.html は通常 text/html にマップされる。 (.gif が image/gif にマップされ、.html が text/html にマップされている場合など)
  • ext1 のメタ情報だけが定義されていれば、ext1 のメタ情報が採用される。たとえば foo.gif.bak は通常 image/gif にマップされる。 (.gif が image/gif にマップされ、.bak には何もマップされていない場合など)
[Full-disclosure] Bug with .php extension? (セキュリティホール memo)

・Apache module mod_mime
http://httpd.apache.org/docs/1.3/mod/mod_mime.html
Apache 1.3のmod_mimeモジュールのマニュアル

・mod_mime - Apache HTTP サーバ
http://httpd.apache.org/docs/2.0/mod/mod_mime.html
Apache 2.0のmod_mimeモジュールのマニュアル

・mod_mime - Apache HTTP サーバ
http://httpd.apache.org/docs/2.2/mod/mod_mime.html
Apache 2.2のmod_mimeモジュールのマニュアル

「あー、そういう風に処理してたんだー。なるほどー」と思ったので、めもめも。

そして、

・yohgaki's blog - ファイルが勝手にスクリプトとして実行される
http://blog.ohgaki.net/index.php/yohgaki/2005/12/06/a_a_ia_ca_la_a_a_a_lphpa_sa_ma_oa_a_a_ua
ファイルをアップロードできるようにシステムで、アップロードされたファイルなどがスクリプト(PHPとかCGIとか)として実行できるって話し。

なるほど。

実際、拡張子を付け加えて(バックアップとかテストとかのために)、消すの忘れてWEBサーバ上に残ってる事もありますよねぇ。

「httpd.conf」なり「.htaccess」で、こんな風にやってごまかしておくとか・・・。
(思うように動くかは、試してない)
だめ? :P

<Files ~ "\.php\.">
    Order allow,deny
    Deny from all
</Files>

ところで、「foo.php.ja」「foo.php.en」「foo.php.fr」みたいに言語を指定する使い方できる?
この辺の事さっぱりー?。

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: Apacheの拡張子の処理の話し

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://kinshachi.ddo.jp/mt/mt-tb.cgi/406

コメントする


画像の中に見える文字を入力してください。

このブログ記事について

このページは、ikeが2005年12月11日 22:41に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「DVDドライブ入手」です。

次のブログ記事は「検索エンジンの検索結果をサムネイル表示」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

最近のコメント

Powered by Movable Type 4.261