GnuPGのセッションキーで復号する

| | コメント(0) | トラックバック(0)

・[connect24h:10357] Re: ライブドア,幹部用(?)メールサーバのHDD押収
http://www.st.ryukoku.ac.jp/~kjm/security/ml-archive/connect24h/2006.01/msg00214.html

GnuPGで暗号化したファイルを、自分の秘密鍵を渡さず、セッションキー(暗号文毎異なる)を渡して、他人に復号してもらう方法。

Windows + GnuPG 1.4.1 でやってみました。

やってみた

// テスト用に暗号化するファイルを作成
C:\> echo aiueo12345ABCDE>input.txt
 
// テスト用に暗号化するファイルの確認
C:\> type input.txt
aiueo12345ABCDE
 
// 暗号化
C:\> gpg -c input.txt
パスフレーズを入力:
パスフレーズを再入力:
 
// セッションキーを取り出す
C:\> gpg --show-session-key <input.txt.gpg >NUL
gpg: CAST5暗号化済みデータ
パスフレーズを入力:
gpg: 1 個のパスフレーズで暗号化
gpg: 警告: メッセージの完全性は保護されていません
gpg: session key: `3:01C13E882FFBD9EE8F9872325200E992'
 
// 取り出したセッションキーを使って復号
C:\> gpg --override-session-key 3:01C13E882FFBD9EE8F9872325200E992 -o output.txt input.txt.gpg
gpg: CAST5暗号化済みデータ
gpg: 1 個のパスフレーズで暗号化
gpg: 警告: メッセージの完全性は保護されていません
 
// 復号したファイルの内容を確認
C:\> type output.txt
aiueo12345ABCDE

なるほど〜。

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: GnuPGのセッションキーで復号する

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://kinshachi.ddo.jp/mt/mt-tb.cgi/419

コメントする


画像の中に見える文字を入力してください。

このブログ記事について

このページは、ikeが2006年2月 8日 23:27に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「古いエントリの変更履歴 (2006/02)」です。

次のブログ記事は「Enigmail (簡単に書き直し)」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

最近のコメント

Powered by Movable Type 4.261