Ncartographer (NCart)

| | コメント(0) | トラックバック(0)

・SourceForge.net: Ncartographer
http://sourceforge.net/projects/ncart/
NmapのXML出力を図(画像)にして表示してくれるツール。
自分の管理するネットワークの状況を図形化して、管理しやすくなるかもしれない?

2006/09/24現在のバージョンは0.4.1。
かなり不安定で、落ちまくり。

使ってみる

1. インストーラでインストールすれば、インストールは終了。

2. NCartographerを起動。

3. とりあえず、サンプルのXMLファイルを開いてみる
サンプルのXMLファイルは、インストールディレクトリの直下にある「nmapXML.xml」。
nmapで出力したXMLを読み込むとこんな感じに結果を表示してくれるらしい。

NCartographer

4. 実際にnmapを使ってXML出力してみる

C:\> nmap -oX out.xml 192.168.100.0/24
とか
C:\> nmap -v -A -oX out.xml 192.168.100.0/24

5. 出力されたXMLファイルを開いてみる

XMLファイルを読み込むと、Runtime Errorだったり、メモリのアクセス違反だったりして、すぐにプログラムが落ちる。
他にも、XMLファイルを開かないで「Scan Status」ボタンを押したり、ウィンドウサイズを変更したり、スクロールしたりするだけで落ちて、ともかく、全体的に落ちまくり。
今後に期待という事で。

結局、画像化したいネットワークのXMLファイルはそのままじゃ読み込めなかった。

WindowsではローカルホストへのSYN Stealth Scanができないとかでスキップされるっぽい。
その関係でローカルホストのportエレメントは空になるっぽい。
とりあえずXMLファイルからローカルホストに相当する「host」エレメントを削除し、「runstats」エレメント中の「hosts」エレメントの「up」「down」「total」属性のつじつまを合わせてみたら、読み込めた(たまたま?)。
時間があったら、他のネットワークのXMLファイルで試してみよう。

6. 「Save View as PNG File」ボタンを押して保存する

各ボタン

・「Open Nmap XML File」ボタン
nmapのスキャン結果(XMLファイル)を開く。
インストールディレクトリに「scanme.nmap.org」をスキャンした結果のXMLファイル(nmapXML.xml)があるので、1度開いてみると良いかも。

・「Save View as PNG File」ボタン
XMLファイルを解析して作成した画像をPNGファイルで保存する。

・「Scan Status」ボタン
読み込んだXMLファイルを元にスキャン結果を表示する。

・「Large」「Medium」「Small」ボタン
XMLファイルを解析して作成した画像の大きさを変更。

メニュー(の幾つか)

・「view」メニュー>「Toggle Menu」
画像ファイルに出力する項目を選択。
「Operating System」「IP Address」「Host Name」「Port Number」「Service Name」「Service Version」「Device Type」など選択できます。

他に、OSやデバイスごとのアイコンや、ポートナンバーごとの色の変更もできるっぽい。

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: Ncartographer (NCart)

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://kinshachi.ddo.jp/mt/mt-tb.cgi/440

コメントする


画像の中に見える文字を入力してください。

このブログ記事について

このページは、ikeが2006年9月24日 00:27に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「Internet Explorer で ActiveX コントロールの動作を停止する方法」です。

次のブログ記事は「PhotoRec/TestDisk (ディスクデータ復旧)」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

最近のコメント

Powered by Movable Type 4.261