Firefox 2 の検索プラグイン (検索バー) その2

| | コメント(0) | トラックバック(0)

以前、このblogで「Firefox 2 の検索プラグイン (検索バー)」というエントリを書きました。

その時は、検索結果のURLが

http://search.example.jp/?q=SEARCH_STRING

となるような検索エンジンでしか使えないと思ってました。

http://search.example.jp/SEARCH_STRING

の様になる場合も使えるんですね。
(↑検索文字列が「SEARCH_STRING」の場合)

そういう例を書いてみました。

●はてなダイアリーキーワード

<?xml version="1.0" encoding="UTF-8"?>
<OpenSearchDescription xmlns="http://a9.com/-/spec/opensearch/1.1/"
                       xmlns:moz="http://www.mozilla.org/2006/browser/search/">
<ShortName>はてなダイアリーキーワード</ShortName>
<Description>はてなダイアリーキーワード</Description>
<Image width="16" height="16">data:image/png;base64,iVBORw0KGgoAAAANSUhEUgAAABAAAAAQCAIAAACQkWg2AAAAF0lEQVR42mP8//8/AymAcVTDqIbhqwEAi+Mv4cespFkAAAAASUVORK5CYII=</Image>
<Url type="text/html"
     method="GET"
     template="http://d.hatena.ne.jp/keyword/{searchTerms}" />
<Url type="application/x-suggestions+json" template="http://d.hatena.ne.jp/json/keyword/{searchTerms}"/>
<moz:SearchForm>http://search.hatena.ne.jp/keyword?mode=top</moz:SearchForm>
<InputEncoding>EUC-JP</InputEncoding>
<OutputEncoding>EUC-JP</OutputEncoding>
</OpenSearchDescription>

ファイル名 hatena.xml、文字コード UTF-8で「C:\Documents and Settings\<ユーザ名>\Application Data\Mozilla\Firefox\Profiles\<任意の文字列>.default\searchplugins\」以下に保存し、Firefoxを起動します。(WindowsXPの場合)

検索バーに真っ白なアイコンが表示されるようになっています。
アイコンを変更したい人は、好きな16x16のアイコンを準備し、Base64 でエンコードして埋め込んでください。
Sveinbjorn Thordarson's Website - DataURLMaker」や「The data: URI kitchen」で、簡単にエンコードできます。そして、エンコードした文字列をImage要素に埋め込みます。

Images要素部分を以下の様に変更すれば「http://d.hatena.ne.jp/favicon.ico」から画像を取得・エンコードし、xmlファイルに埋め込んでくれます。(xmlファイルのImage要素以外の部分も勝手に自動変換してしまいますが。)

<Image height="16" width="16" type="image/vnd.microsoft.icon">http://d.hatena.ne.jp/favicon.ico</Image>

(2007/10/14 追記 ここから)
あー!書き終えてから、「はてな」から検索プラグインが提供されている事に気づく。。
悔しいから、サジェストを追加して再アップ。
更に「英辞郎 on the Web」のサンプルも書いてみよう。。。

●英辞郎 on the Web

<?xml version="1.0" encoding="UTF-8"?>
<OpenSearchDescription xmlns="http://a9.com/-/spec/opensearch/1.1/"
                       xmlns:moz="http://www.mozilla.org/2006/browser/search/">
<ShortName>英辞郎 on the Web</ShortName>
<Description>英辞郎 on the Web</Description>
<Image height="16" width="16" type="image/vnd.microsoft.icon">http://eow.alc.co.jp/favicon.ico</Image>
<Url type="text/html"
     method="GET"
     template="http://eow.alc.co.jp/{searchTerms}/UTF-8/" />
<moz:SearchForm>http://www.alc.co.jp/</moz:SearchForm>
<InputEncoding>UTF-8</InputEncoding>
<OutputEncoding>UTF-8</OutputEncoding>
</OpenSearchDescription>

(2007/10/14 追記 ここまで)

関連しそうな資料

・Creating MozSearch plugins - MDC
http://developer.mozilla.org/en/docs/index.php?title=Creating_MozSearch_plugins
英語

・Creating OpenSearch plugins for Firefox - MDC
http://developer.mozilla.org/en/docs/Creating_OpenSearch_plugins_for_Firefox
英語

・Creating MozSearch plugins - MDC
http://developer.mozilla.org/ja/docs/Creating_MozSearch_plugins
日本語

・Creating OpenSearch plugins for Firefox - MDC
http://developer.mozilla.org/ja/docs/Creating_OpenSearch_plugins_for_Firefox
日本語

・Specifications/OpenSearch/1.1/Draft 3 - OpenSearch
http://www.opensearch.org/Specifications/OpenSearch/1.1
英語

・OpenSearch 1.1 (ドラフト3) 仕様書
http://okilab.jp/project/document/japanate/opensearch/OpenSearch_1.1_Draft3.htm
日本語訳

サンプル

・Taken SPC : MozSearch
http://taken.s101.xrea.com/blog/article.php?id=669
サンプルがとてもわかりやすい。

<OpenSearchDescription xmlns="http://a9.com/-/spec/opensearch/1.1/"
    moz:xmlns="http://www.mozilla.org/2006/browser/search/">
  <ShortName>検索エンジンの名前</ShortName>
  <Description>検索エンジンの説明</Description>
  <InputEncoding>入力文字列のエンコーディング形式</InputEncoding>
  <Image width="16" height="16">data:image/x-icon;base64,画像データ</Image>
  <Url type="text/html" method="メソッド" template="検索エンジンのURL">
    <Param name="パラメータ1の名前" value="パラメータ1の値"/>
    ...
    <Param name="パラメータNの名前" value="パラメータNの値"/>
  </Url>
  <Url type="application/x-suggestions+json" template="サジェストのURL"/>
  <moz:SearchForm>検索エンジン本来のURL</moz:SearchForm> 
</OpenSearchDescription>
Taken SPC : MozSearch

「サジェストのURL」は検索文字列補完用ですよね?
「C:\Program Files\Mozilla Firefox\searchplugins\google-jp.xml」なんかを見ると、どういう風に書けばいいか分かります。

MozSearch と OpenSearch

名前が違うんだから、違うのは当然かぁ。

Firefox 2.0 では、検索プラグインが更新され、MozSearch と OpenSearch の二つのフォーマットを新たにサポートしています(1.5 までのプラグインもサポートされ、自動的に変換されます)。この二つのフォーマット、非常に似ていますが、名前から想像される通り、MozSearch は Firefox 独自のもの、OpenSearch は Amazon A9 が提案したものです。
検索プラグイン: OpenSearch ≒ MozSearch ? - えむもじら

例えば、以下のような違いがあるんですね。

SearchForm は OpenSearch 1.1 の仕様には含まれていない MozSearch 独自の要素です。
Taken SPC : MozSearch

基本的に OpenSearch で作るのが良いそうです。

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: Firefox 2 の検索プラグイン (検索バー) その2

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://kinshachi.ddo.jp/mt/mt-tb.cgi/474

コメントする


画像の中に見える文字を入力してください。

このブログ記事について

このページは、ikeが2007年10月14日 18:54に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「WSUS Error Code Lookup Tool v1.0」です。

次のブログ記事は「md5deep」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

最近のコメント

Powered by Movable Type 4.261