ウェブマスター ツール (Google)

| | コメント(0) | トラックバック(0)

・ウェブマスター ツール
http://www.google.com/webmasters/tools

Google Webmaster Central の一機能。

Google ウェブマスター ツールは、Google にとって問題のないサイトを構築する際に役立つ無料のツールです。このツールでは、Google の検索結果でサイトが上位に掲載するために、サイトの評価を確認したり、問題がある場合にその内容を診断したり、Google と情報を共有することができます。
Google ウェブマスター ツール

Googleに適切にサイト内をクロールさせることや、適切に検索エンジンに評価されているか確認することが可能です。

具体的には、以下のような情報です。(他にもありますが)

  • Googlebotのクロール情報(クロールした日付、クロールできなかった URLなど)の表示
  • どこからリンクされているかの確認
  • サイトの上位のコンテンツの表示
  • 自サイトでよく検索される検索文字列の表示
  • 自サイトへのリンクのアンカー文字列の表示
  • Googleのインデックスから削除
  • サイトマップの送信
  • フィードを登録した(Googleの)ユーザー数の確認
  • ・・・etc.

登録方法

手順

  1. サイトを登録
  2. 確認を行う

「確認」は、自分がサイトの所有者である事を確認(証明)するものです。
確認を行わないと「診断」「統計情報」「リンク」や「運用ツール」のほとんどの機能を使えません。

● サイトの登録

  1. ウェブマスター ツールにアクセスしてログインします
  2. サイトのURLを入力し、「サイトを追加」ボタンをクリックします
    ウェブマスターツール

● 確認を行う

サイトの所有者である事を確認(証明)します。
確認の方法は2種類あります。

  • Google で指定した名前の HTML ファイルをアップロードする
  • サイトのインデックス ファイルにメタ タグを追加する

今回は、HTML ファイルをアップロードする事にしました。

  1. 「サイトを確認」リンクをクリックします。(または、「マイレポート」から確認したいサイトの「確認」リンクをクリックします)
    ウェブマスターツール
  2. プルダウンから「HTMLファイルをアップロード」を選択します
    ウェブマスターツール
  3. 指定されたファイル名でファイルを(HTTPアクセスできる指定された場所に)作成します。
    ファイル名は「googleXXXXXXXXXXXXXXXX.html」(Xはランダムな文字列)になるみたい。このランダムな文字列(XXXXXXXXXXXXXXXX)は、Googleユーザアカウント毎に異なる文字列で、違うサイトを追加した場合でも同じファイル名になるようです。ファイルの内容は何でも良いみたい。今回は後で見て分かるように「for Webmaster Tools of Google.」としておきました。Yahooの「サイトエクスプローラー (サイト管理者向けツール)」の確認ではファイルの内容も指定された気がするけど、Googleの確認ではファイル名だけでチェックしてるみたい。
  4. ブラウザから指定したファイルにアクセス出来る事を確認します
  5. 「確認」ボタンをクリックします

サイトのルートレベルを登録しないと動かない機能

「サイトを確認」のページで以下の様に表示されていました。

このサイトはサブディレクトリ内にあります。このサイトを承認すると、このサブディレクトリおよび下位のサブディレクトリのクロール エラーを確認する事ができます。ルート ドメイン(http://www.example.jp/)の権限がある場合、アカウントに追加してから承認してください。これで、提供されている全ての統計情報およびエラーを確認できます。
ウェブマスターツールの「サイトを確認」のページより

「http://www.example.jp/foo/bar/」など、サブディレクトリを含んだサイトを登録/確認した場合、幾つかの機能は使用できないようです。
例えば、以下の項目です。(他にもあると思う)

  • 統計情報 > Googlebot のクロール情報
  • 統計情報 > クロールに関する情報
  • 運用ツール > クロール頻度を設定
  • 運用ツール > 使用するドメインの設定

また、サブディレクトリを含んだサイトを登録してる場合、「リンク > (外部|内部)リンクのあるページ」がうまく機能しない気がします。。。(気のせい?)

このような項目を表示したい場合は「http://www.example.jp/」など、サイトのルートレベルを登録/確認する必要があります。

上記と同様の手順で、サイトのルートレベルを追加します。(つまり、サイトを登録して、確認を行います)
そして、「マイレポート」からサブディレクトリを含んだサイトを削除し、サブディレクトリに配置した確認ファイルを削除してしまって良いようです。

メニュー: 統計情報 > 上位の検索クエリ

「上位の検索クエリ」と「クリックにつながった上位のクエリ」のそれぞれの順位を表示できます。

各表の項目(フィールド)は以下の様になっています。

項目「%」は、「上位 20 の検索キーワードが各検索で使用された割合」です。
つまり、表示されている数字を20個全部足すと100%(実際は丸めの誤差のため100に近い値)になるという事っぽい。

項目「クエリ」は、検索文字列。

項目「広告掲載位置」は、「この検索文字列で検索した場合、検索結果の何番目に表示されるか?」って事だろうか?
実際に検索した時の順番と大体同じでした(ように感じました)。
あ、もしかしたら「平均最上位」かもしれません。(「全サイトのデータをダウンロード」したらそういう項目があって、それっぽい値だった)

メニュー: 統計情報 > Googlebot のクロール情報

Googlebot がサイトをどのようにクロールしているかを示しています。
「サイトへのリンクのアンカー テキスト」の一覧が表示されます。

200件表示されましたが、リンク数の多い順になってるんでしょうか?

メニュー: 統計情報 > 登録ユーザーの統計情報

iGoogle、Google リーダー、Orkut などの Google サービスを使用してフィードを登録したユーザー数が表示されます。

とりあえず、旧サイト構造時のフィードURL (RSS 1.0) に沢山登録されてる事が判明。
一応、旧フィードURL (RSS 1.0) にアクセスした場合は、Moved Permanently (301) を返して、新しいフィードURL (RSS 1.0) に飛ぶように設定しているけど、Google リーダーなどではちゃんと認識できてるのだろうか?

(2008/06/22 追記 ここから)
Googleリーダーに旧フィードURL (RSS 1.0) を追加してみました。
ちゃんと新しいフィードURL (RSS 1.0) の内容を表示してました。

なお、 MT4.xに移行した時に、Atom と RSS 2.0 のフィードURL を追加したので、そっちの方が見やすいかもしれません。 (ここで告知しても、誰も気づかないなぁー。。。)
(2008/06/22 追記 ここまで)

メニュー: リンク > 外部リンクのあるページ

他のサイトからリンクされているページの一覧が表示されます。
ページを指定したり、外部リンクの項目の数字をクリックすると、リンク元のURLが表示されます。
どういう風にリンクされているかを確認する場合など、とっても便利そう。

外部リンク数でソートできると良いのにな。

「リンク > 内部リンクのあるページ」メニューの場合は、同様に、自サイトからリンクされてるページの一覧が表示されるっぽい。

メニュー: 運用ツール > URL を削除

Googleのインデックスからコンテンツを削除するためのリクエスト送信できます。
そのためには、幾つかの前準備が必要なので、注意。

サイトマップ を作成する

作成しようと思ったけど、力尽きました。。。
とりえ合えず、情報だけ。

Google は sitemaps.org/ja/ (英語) で定められているサイトマップ プロトコル 0.9 を遵守しています。 サイトマップ プロトコルとは XML の一種で、ウェブ クローラに提供するサイトマップ情報を要約したものです。 このため、サイトマップ プロトコル 0.9 を使用して Google のために作成されたサイトマップは、sitemaps.org/ja/ の規格を採用する他の検索エンジンと互換性があります。
サイトマップとは何ですか。サイトマップが必要なのはなぜですか。

Googleでは、2008/06/21現在、サイトマップ プロトコル 0.9に準拠したXMLのサイトマップを使用できるようです。
このサイトマップの場合、「ページの更新頻度」、「各ページの最終更新日」や「各ページの重要度」等をGoogleに通知できるようになるようです。

・サイトマップ生成ツールを使用する
https://www.google.com/webmasters/tools/docs/ja/sitemap-generator.html
Google サイトマップ生成ツールの使い方

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: ウェブマスター ツール (Google)

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://kinshachi.ddo.jp/mt/mt-tb.cgi/491

コメントする


画像の中に見える文字を入力してください。

このブログ記事について

このページは、ikeが2008年6月21日 23:23に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「Firefox 3 をインストールしてみました」です。

次のブログ記事は「サイトエクスプローラー (Yahoo!)」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

最近のコメント

Powered by Movable Type 4.261