F-Secure Rescue CD

| | コメント(0) | トラックバック(0)

マルウェアを駆除してくれるっぽい。

・F-Secure Linux weblog >> Blog Archive >> F-Secure Rescue CD 3.00 released
http://www.f-secure.com/linux-weblog/2008/06/19/f-secure-rescue-cd-300-released/

(2008/11/27 追記 ここから)
・F-Secure Linux weblog » Blog Archive » Rescue CD 3.01 released
http://www.f-secure.com/linux-weblog/2008/11/25/rescuecd-301-released/
3.01がリリースされたみたい。
blogでリリースを紹介してるけど、必ず最新版を入手できるURLはないものか?
(2008/11/27 追記 ここまで)

CDブートすると、コンピュータをスキャンして、マルウェアを含んだ全てのファイルを(拡張子 .virus に)リネームしてくれる。

以下のような場合に使用するらしい。

  • マルウェアによってOSが破損して起動しなくなった場合、Rescue CDでコンピュータをスキャンし、マルウェアを隔離する
  • マルウェアによってセキュリティソフトウェアに障害が起きたと思った場合、チェックするために Rescue CD を使う

デフォルトで、全てのハードドライブとUSBドライブ (FATとNTFS) をスキャンする。
インターネット接続できる場合は、ウィルス定義を自動でアップデートする。
また、ウィルス定義はUSBドライブを使って手動でアップデートできる。
暗号化されているドライブ、および、ファイルはスキャンできない。

使ってみた

使ってみようと思ったんだけど、、、

Rescue CD が重要なシステムファイルをリネームしてしまった場合、OSが起動しなくなるかもしれないそうで。。。

F-Secure Rescue CD

その場合は、システム復旧ディスクを使って再インストールすれば良いらしいけど、それはしたくないので、、、

よって、未使用です。
そのうち、バーチャルマシンで試してみます(かも)。

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: F-Secure Rescue CD

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://kinshachi.ddo.jp/mt/mt-tb.cgi/500

コメントする


画像の中に見える文字を入力してください。

このブログ記事について

このページは、ikeが2008年7月16日 23:44に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「Firefox 3 における検索バーのアイコン背景色」です。

次のブログ記事は「ケータイの個体識別情報」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

最近のコメント

Powered by Movable Type 4.261