2004年2月アーカイブ

・mozdev.org - conquery: index
http://conquery.mozdev.org/

Mozilla/Firebird/Netscapeのプラグイン。
コンテキストメニューからWebサービスクエリーを実行できます。

2004/02/29 現在のバージョンは、0.9。
Windows + Mozilla Thunderbird 0.7で使ってみました。

・Checky Plug-in for Mozilla based Browser.
http://checky.mozdev.org/

Mozilla、Phoenix 0.5、Beonex、Netscapeのプラグイン。
サイトの正当性評価や解析をするサービスサイトへ接続して、現在表示してるサイトを評価ます。

2004/02/29 現在のバージョンは、2.0。
Windows + Mozilla Thunderbird 0.7で使ってみました。

・Calendar - Standards Based Calendar Client Project
http://www.mozilla.org/projects/calendar/

Netscape 7.x、Mozilla Firefox、Mozilla Thunderbirdおよび、Mozilla Application Suite用のプラグイン。

Windows + Mozilla Thunderbird 0.7で使ってみました。
2004/02/29 現在のバージョンは、2004010914-cal。

名前のままカレンダーです。
機能は豊富。
イベントリスト、ToDoリストなど。
カテゴリ分け、アラームなどの機能もあります。

今のところ、私はカレンダーが表示できるだけで十分なので、ちょっと重いかも。

・Clear HTTP Auth (Mozilla Items)
http://mmcc.cx/mozilla/

MozillaとFirefox用のプラグイン

HTTP認証(BASIC認証や統合Windows認証)のキャッシュをクリアします。
ログアウトするには、ブラウザを終了する必要がありました。
このプラグインは、ブラウザを終了しなくてもログアウトできます。

Mozillaでは、「Tools」>「Web Development」>「Clear HTTP Auth」
Firefoxでは、「ツール」>「Clear HTTP Auth」
で、実行できます。

2004/02/29 現在のバージョンは1.0。

Web Developer (0.8) のプラグインの「Miscellaneous」>「Clear HTTP Authentication」でも同様の事ができます

SEE:
Web Developer (このblogより)

● 2004/02/28 更新
Mozilla Firebirdの検索バー : 「Yahoo!コンピュータ」の検索用定義ファイル(?)を追加しました。

● 2004/02/25 更新
名称を「Firebird」から「Firefox」に変更 : 日本語のfirefoxサイトのリンクを追加しました。

● 2004/02/25 更新
匿名接続経由のアクセスを制限する方法 : 「IPC$(Inter-Process Communication、プロセス間通信)への匿名ユーザーによる接続」のリンクを追加しました。

● 2004/02/25 更新
Windowsをなるべく軽くする : 「NTFSのログ管理機能を止める方法」の項目を追加しました。

● 2004/02/21 更新
Windowsをなるべく軽くする : 「Win高速化 XP+」の項目を追加しました。

● 2004/02/20 更新
WEB情報を取得できるIEのプラグイン : 「ieHTTPHeaders」の項目を追加しました。

● 2004/02/18 更新
KNOPPIX : 「KNOPPIX カスタマイズのテクニック」の項目を追加しました。

● 2004/02/17 更新
HTTPリクエスト/レスポンスのキャプチャ : 「Burp proxy」の項目を追加しました。

● 2004/02/15 更新
Mozilla Thunderbirdで Junk Mail の振り分け : 「Mozilla Thunderbird 0.5の場合」の項目を追加しました。

● 2004/02/13 更新
パケットモニタ : 「Winsock(?)による問題」の項目を追加しました。

● 2004/02/12 更新
Office Update Inventory Tool : 「バージョンが2.0になっていました」の項目を追加しました。

● 2004/02/09 更新
Mozilla Firebirdの検索バー : 検索バーで検索をする時に「methodにPOSTを指定できない」というドキュメントを見つけたので、追加しました。

● 2004/02/06 更新
AD-Aware 6 (LavaSoft) : 日本語化パッチ関係のリンクが変更されていたので修正しました。

● 2004/02/05 更新
マルチバイト対応なFPDF : 「リンク」の項目を追加しました。

・劇場版 ディスプレイキャプチャー あれ
http://www.vector.co.jp/vpack/browse/pickup/pw5/pw005183.html
紹介記事(Vector)

・劇場版 ディスプレイキャプチャー あれ(Windows95/98/Me/画像&サウンド)
http://www.vector.co.jp/soft/win95/art/se221399.html
ダウンロードできます。

ディスプレイに表示された画面の動きをAVI、MPEGでキャプチャ(録画)できるソフト。
動画をBMP、JPEG、PNGで保存することも出来ます。
キャプチャ領域は、絶対座標かウィンドウを指定します。
マウスポインタも一緒にキャプチャできます。

2004/02/28 現在のバージョンは、3.0。

SEE:
画像キャプチャ「おとりなさい」 (このblogより)

・Hotkeys
http://www.vector.co.jp/soft/win95/util/se079545.html

スタートメニューとデスクトップにあるショートカットファイルに割り当てられているショートカットキー(ホットキー)を調べて一覧表示するソフト。
また、変更もできる。

・リンク集:うまく使い分けよう! 無料メールアカウント
http://internet.watch.impress.co.jp/static/link/2004/02/27/mail.htm

既にメインのメールアドレスにspamが沢山来ています。
メーラーでジャンクメールの振り分けは行っているが、その他は行っていません。
それ以外は放置しています。
そのうち無料メールアカウントで対策するかもしれないので、めも。

FirefoxやThunderbirdも含みます。

以下の方法があるようです。

  • アプリケーションから設定を変更する
    一番わかりやすい方法だけど、設定できない項目もある
  • ロケーションに「about:config」と入力し、値を変更する
    アプリケーションから設定できない項目も設定変更が出来る。
    user.jsを編集するよりは分かりやすい。
  • プロファイルディレクトリ(prefs.js があるところ)にuser.jsを作り編集する。
    分かりにくい

・MobileMeter Home Page
http://www.geocities.co.jp/SiliconValley-Oakland/8259/
Windows で動作する、ノートPC 用の諸情報表示プログラムです。
うまくいけば次のような情報を表示できるそうです。

  • CPU クロック
  • CPU の温度
  • バッテリーの充電、消費電力
  • HDDの温度

2004/02/25 現在のバージョンは 0.3.1.0。

ネットワークのドライブに接続しようとして時々表示されてた「IPC$」。
後で勉強しよう、しようと思ってて、ほったらかしになってたモノのひとつ。
今更でお恥ずかしい・・・。
最近、とんと見かけてなかったけど。

「IPC$ (Inter-Process Communication、プロセス間通信) 」とは、Windowsネットワークにおいて、そのマシンの公開リソースの一覧を取得したり、以後のリソースの使用に対する準備 (略) を行うために使われるもの
Windows 2000 TIPS -- Knowledge:共有リソース・アクセス時にパスワード入力を求められる「IPC$」とは?

・290345 - [IE] Internet Explorer の [SSL 状態のクリア] オプションについて
http://support.microsoft.com/default.aspx?scid=kb;ja;290345

・Microsoft SQL Server: MSDE 2000 Home
http://www.microsoft.com/sql/msde/default.asp
MSDE 2000のホーム。(英語)

・Microsoft SQL Server - テクノロジ - SQL Server 2000 Desktop Engine (MSDE 2000)
http://www.microsoft.com/japan/sql/msde/default.asp
MSDE 2000のホーム。(日本語)

・Microsoft SQL Server - 製品情報 - SQL Server 2000 エディション別機能表
http://www.microsoft.com/japan/SQL/evaluation/overview/Feautures.asp

(私の認識では・・・)

  • MS SQL Server のフリーバージョン。
  • GUIがない。
  • 同時接続ユーザー数が 25 以下の基本的な Web アプリケーションにとっては、MSDE は理想的なソリューション (Webアプリケーションのデータベースとして使用する場合、25人までの同時接続のが可能ということ?)。
  • DBへの同時接続は5らしい
  • DBサイズの上限は2GBらしい (サポート可能な RAM の最大容量と同じなのかな?)
    データファイルの大きさ(トランザクションログファイルは含まない)らしい。

など。

(2005/11/08 追記 ここから)

SQL Server Books Online (2004/01更新) の以下の部分にしっかり書いてありました。

SQL Server 2000 Desktop Engine (MSDE 2000) または Microsoft Data Engine (MSDE) 1.0 を使用する場合は、データベースのデータ部分のサイズを 2 GB 以下にする必要があります。データ ファイルのサイズの合計が 2 GB 以下であれば、ログ ファイルを含めたデータベースの合計サイズは 2 GB を超えることができます。
SQL Server Books Online (2004/01更新) 「SQL Serverのアーキテクチャ」>「インプリメントの詳細」>「最大容量仕様」

↑「データベース サイズ」の説明部分についている「3」の説明部分。

9 つ以上の操作が同時実行された場合、SQL Server 2000 Personal Edition および SQL Server 2000 Desktop Engine (MSDE 2000) の同時実行ワークロード ガバナにより、パフォーマンスが制限されます。
SQL Server Books Online (2004/01更新) 「SQL Serverのアーキテクチャ」>「インプリメントの詳細」>「環境設定オプション仕様」

↑「user connections」の説明部分についている「1」の説明部分。

「user connections」オプションは、Microsoft SQL Server で同時に確立できるユーザー接続の最大数を指定する場合に使用するもの。
ってことは、MSDE 2000 での同時接続数は、パフォーマンスが制限が制限されるだけで、10を超えても接続できるって事かなぁ?
(2005/11/08 追記 ここまで)

ちなみに、(MSDE 2000ではなく) SQL Server 2005 Express では、データベースサイズ制限は4Gになるらしい。

・555022 - How To Configure PassivePortRange In IIS
http://support.microsoft.com/?id=555022
IISのFTPでパッシブモード時にデータ転送ポート番号の範囲を指定する方法。
IIS version 6.0とIIS 5.0に付いてかかれた記事。

Windows2000 Professional と Windows XP Professional でやってみたけど、出来なかった。
なぜ?
方法は、Windows Server 2003 と Windows 2000 Server のみ書かれていたので、それが関係するのかな?

・[IIS] IIS FTP (ファイル転送プロトコル) サービスに関する情報
http://support.microsoft.com/?id=283679
なども見るといいかも。

今更ですが、リモートデスクトップを使ってみました。

Windows XPのリモートデスクトップは、従来のWindows 2000における「ターミナルサービス」の後継機能です。

リモートデスクトップ機能を利用するには、ログオンされる側(サーバ側)とログオンする側(クライアント側)の両方の設定が必要になります。

Windows XP Professionalには、リモートデスクトップのサーバ機能とクライアント機能の両方が含まれています。
ただし、2人以上のユーザーが同時にマシンを利用することはできません。

Windows XP Home Editionは、リモート デスクトップのクライアント機能のみ使用できます。

・TopStyle Lite
http://www.bradsoft.com/topstyle/tslite/index.asp

フリーのCSS 専用のテキストエディタです。
現在のバージョンは3.10。

「Options」>「Options」>「Editor」タブ>「Font」で日本語フォントを指定すれば、日本語(SJIS)も使えます。

自動的に Webサイトからデータを取得し、オフラインで閲覧出来るソフト。
GetHTMLW がGUI版。
GetHTML がコマンドライン版。
データに互換があるので、状況に応じて使い分けるのがよさ気。

・GetHTMLW Version 7
http://hp.vector.co.jp/authors/VA014425/gethtmlw.html
現在のバージョンは 7.12.0。

・GetHTML
http://hp.vector.co.jp/authors/VA014425/gethtml.html
現在のバージョンは 4.12.0 (lwebsrv : 4.10.3)

リンクの途切れもほとんど無く快適な閲覧が出来るのが売りっぽい。

類似品として、「wget」とか「cURL」とか「HTTPDown」とか「httpget (perl 版)」があります。

・富士通アクセシビリティ・アシスタンス
http://design.fujitsu.com/jp/universal/assistance/

このユニバーサルデザインの思想を基本にデザイン活動のひとつとして、視覚障害者や色弱者のアクセシビリティを高めるための診断ソフトウェアツール群「Fujitsu Accessibility Assistance 」をホームページ作成担当者やデザイナーに向けて無償ダウンロードにて提供いたします。Fujitsu Accessibility AssistanceはWebInspector、ColorSelector、ColorDoctorの3つのツール群で構成されています。
富士通アクセシビリティ・アシスタンス

・Download details: Diagnostic Tool for the MSJVM 1.0
http://www.microsoft.com/downloads/details.aspx?FamilyID=4e38f4f9-ce7e-4271-8836-a7d7293a992f&DisplayLang=en

MSJVMに依存するアプリケーション及びWebページを検索するツール。
MSJVMの段階的廃止に備えるもの。
MSJVMのサポートは2004/09/30をもってなくなります。

2004/02/22 現在のバージョンは1.0。

(2005/05/28 追記 ここから)
・ダウンロードの詳細 : Microsoft VM 診断ツール 1.0a
http://www.microsoft.com/downloads/details.aspx?FamilyID=4e38f4f9-ce7e-4271-8836-a7d7293a992f&displaylang=ja
2004/04/13 に1.0a (日本語版)がでてました。

・Microsoft Java VM について
http://www.st.ryukoku.ac.jp/~kjm/security/memo/ms-java-vm.html
(2005/05/28 追記 ここまで)

・goto's page ebot Chaos Edge  ListBrowser
http://www.ceres.dti.ne.jp/~goto001n/index.html

サイトのリンクをリスト化して表示してくれます。
また、GoogleやYahooで検索を行い、検索結果をリスト表示しくれます。

リスト化することにより、探しているページをすばやく表示できるようにしたブラウザです。
沢山のウィンドウやタブを開いたり、ページを進んで戻ってと繰り返す必要がなくなります。

・SoftEther.com - SoftEther 仮想イーサネットシステム
http://www.softether.com/jp/

今、話題の「SoftEther」をインストールしてみました。

EclipseでColdFusionの開発をするためのプラグイン。

・ColdFusion Eclipse Plug-In
http://www.rohanclan.com/index.cfm?mode=product&product=cfeclipse/index
あのBen Fortaさんのサイト

2004/02/17 現在のバージョンは、
Eclipse 3 用は、1.1.0。
Eclipse 2.1.2 用は、1.0.5。

(2004/09/13 追記 ここから)
2004/09/13 現在のバージョンは、
Eclipse 3 用は、1.1.16。
Eclipse 2.x 用は、開発停止。ただし、「http://www.rohanclan.com/」公開はしているみたい。

Eclipse 3 用の入手先は以下に変更になったようです。
・cfeclipse.tigris.org
http://cfeclipse.tigris.org/
更新マネージャ(Update Manager)に登録するURLもこれになるようです。
(2004/09/13 追記 ここまで)

簡単にCVSを使えるのが、かなり良さげ。

どうやら(私の知る限り)2通りあるようです。

・HTMLエンティティ生成
http://ab.jpn.ph/soft/html_rand.html

現在のバージョンは、2.00
Vectorにあったものは、バージョン 1.55でした。

スパム・迷惑メールを送られる前に、防止しようというフリーソフトです。

 ホームページに公開するメールアドレスをこのソフトで作成した、エンティティコードに書き換えるだけで、メールアドレスを収集する最悪なプログラムから、メールアドレスを拾われにくくします。
HTMLエンティティ生成

・Network Chemistry - Packetyzer
http://www.networkchemistry.com/products/packetyzer/

ネットワークプロトコルアナライザ。
MDI (Multiple Document Interface)。
2004/02/14現在のバージョンは、0.7.3。
WinPcapを必要とします。(梱包されています)

・phpspot - トップページ
http://fol.axisz.jp/php/

フリーウェアのPHP用のエディタ。
2004/02/13現在のバージョンは、1.07。

[PHP-users 20008]PHPエディタから始まるスレッドで欲しい機能を募集して盛り上がっていました。

クロスサイトスクリプティング(XSS)対策の説明記事。

沢山あるだろうけど、今ふと目に留まったものを書いてみます。
思い出したところがあったら、追加するかも。

・OldVersion.com
http://www.oldversion.com/

古いバージョンのアプリケーションが保存されているサイト。
2004/02/12現在、48プログラム、444バージョンあるそうです。

動作検証用に使うのかな?
昔は、バージョン違いのNetscapeで動作チェックをしたなぁ。
NetscapeもMozillaもFirefoxもないなぁ。
今はやってないけど、そのうち使うかもしれないからメモ。

LANに繋がっているホストと共有フォルダを確認できます。
調査対象のホストのパーソナルファイアーウォールの設定によっては見れませんが(当たり前)。

・SoftPerfect Network Scanner
http://www.softperfect.com/products/networkscanner/

・SoftPerfect Network Scanner 1.2
http://www.altech-ads.com/product/10000044.htm
日本語で書かれている紹介記事

・Mozilla、軽量ブラウザの名称を「Firebird」から「Firefox」に変更
http://internet.watch.impress.co.jp/cda/news/2004/02/10/2050.html

いろんな事情があるから仕方ないんだろうけど、また名前が変わったのかぁ・・・。

「Firebird」と「Thunderbird」が名前似てて、よく間違えてたところに、さらに間違いやすい原因ができちゃった。

・Unknown Device Identifier v4.00
http://www.zhangduo.com/udi.html

各種デバイスの情報を取得できます。
ドライバをアップデートする時などの参考にするとよさ気です。

SEE:
EVEREST Home Edition (このblogより)
こちらでも似たような情報を取得できます。

・HTML Source Explorer Bar
http://home.worldonline.dk/viksoe/htmlbar.htm
IE5以上でHTMLソースコードを見ることのできるIEのプラグイン。

・HTML Source Code Explorer Bar 2.0
http://www.vdberg.org/~richard/htmlbar.html
「HTML Source Explorer Bar」の発展版。

・HttpWatch
http://www.httpwatch.com/
HTTPをキャプチャーできるIE用プラグイン。

・ieHTTPHeaders
http://www.blunck.info/iehttpheaders.html
HTTP、HTTPSのリクエストのボディ、ヘッダー、レスポンスのヘッダーをキャプチャできるIEのプラグイン。

KNOPPIX(クノーピクス)とは、CDのみでブート可能な Linux ディストリビューション。
ドイツのKnopperさんが Debian パッケージを元に開発しています。

・KNOPPIX - Live Linux Filesystem On CD
http://www.knopper.net/knoppix/
本家

・KNOPPIX Japanese edition
http://unit.aist.go.jp/it/knoppix/
日本語

(2005/01/05 追記 ここから)
・KNOPPIX Japanese edition
http://unit.aist.go.jp/itri/knoppix/index.html
日本語のページが新しくなったようなので、追記しました

(2005/01/05 追記 ここまで)

・ KNOPPIX-JP FAQ
http://www.geocities.co.jp/SiliconValley-Sunnyvale/9821/

あー、なんか、起動しただけで満足しちゃった。

WEBアプリを作る際、携帯電話の個体識別情報を取得する方法。

各会社色々な方法があるそうで、予備知識として、ちょっと調べてみました。
調べただけなので(動かしてない)、間違いがあったら、教えてください。

SEE:
ケータイの個体識別情報 (このblogより)
↑こちらも参照のこと

・Protected Storage PassView v1.60: Recovers Protected Storage passwords
http://www.nirsoft.net/utils/pspv.html

IE や Outlook Express や MSN Explorer で記憶させたパスワードを表示できます。
現在のバージョンはv1.60。

以下のフィールドを表示できるようです。

  • Outlookの記憶させたパスワード
  • IEでオートコンプリートさせた「フォーム」や「フォームのユーザ名およびパスワード」
  • BASIC認証やチャレンジ/レスポンス(CHALLENGE/RESPONSE)認証のダイアログで保存したパスワード
    やってみたけど表示されなかった?私の勘違い?
  • MSN Explorerの2種類のパスワード
    (Sign-up passwordsとAutoComplete passwords)

Protected Storageに保存されているデータを表示しているようです。
これらのデータは暗号化されてレジストリに保存されています。

MS04-004を適用すると、IE 6の最新パッチにトラブル,記憶させたパスワードが表示されなくなる (itpro.nikkeibp.co.jp) 問題があったのでバックアップのためにインストールしたんですが、私はオートコンプリートをオフにしてたんだった。。。

日本語版 MBSA 1.2 (このblogより) で引っかかった項目の一つを直しました。

Windows 2000 ベースのコンピュータ上で、匿名接続経由のアクセスを制限する方法です。

・Windows 2000 でレジストリ値 RestrictAnonymous を使用する方法
http://support.microsoft.com/default.aspx?scid=kb;ja;246261

・Microsoft Baseline Security Analyzer V1.2
http://www.microsoft.com/japan/technet/security/tools/mbsahome.asp

2004/01/20に公開された日本語版 MBSA 1.2 をインストールしました。
メニューや説明や対処法などが日本語化されて表示されているのでとても便利です。

(2004/08/17 追記 ここから)
MBSA 1.2.1日本語版が出ていました。
・ダウンロードの詳細 : Microsoft Baseline Security Analyzer v1.2.1 (for IT Professionals)
http://www.microsoft.com/downloads/details.aspx?displaylang=ja&FamilyID=b13ebd6b-e258-4625-b0a3-64a4879f7798
(2004/08/17 追記 ここまで)

(2005/07/05 追記 ここから)
・ダウンロードの詳細 : Microsoft Baseline Security Analyzer v2.0 (for IT Professionals)
http://www.microsoft.com/downloads/details.aspx?displaylang=ja&FamilyID=4b4aba06-b5f9-4dad-be9d-7b51ec2e5ac9
バージョン2がでてるんですね。
(2005/07/05 追記 ここまで)

チェックできるもの
OS、IIS、SQL、およびデスクトップ アプリケーションの一般的な構成に問題が無いかをスキャンできます。
IE、Windows Media Player、IIS、SQL Server および Exchange Server、Microsoft Office、Microsoft Data Access Components (MDAC)、Microsoft 仮想マシン、MSXML、BizTalk、Commerce Server、Content Management Server、および Host Integration Server のセキュリティ修正プログラムがインストールされているかどうかをチェックできます。

SEE:
HFNetChk (このblogより)
この話のバージョンアップ(1.1.1→1.2)版です。

・TNK-BootBlock.co.uk
http://www.tnk-bootblock.co.uk/prods/misc/index.php

起動時に読み込むプラグインを減らして、「Adobe Reader」の起動を高速化してくれるソフトです。
実際には使ってないPluginって多いんでしょうね。
Adobe Readerの起動が遅いのでついついPDFファイルを開くのを敬遠してしまうことがありますが、そんな思いも少なくなるでしょう。

Adobe Reader SpeedUp v1.12を試しました。
(リンクはv1.10でしたが、実行ファイルはv1.12でした。)

(2004/05/15 追記 ここから)
「AIDA32」は「EVEREST Home Edition」に名称変更になりました。

SEE:
EVEREST Home Edition(このblogより)
こちらのエントリを見てください。
(2004/05/15 追記 ここまで)

・AIDA32 - Worldwide Sysinfo Tool
http://www.aida32.hu/aida32.php

パソコンの詳細なシステム情報を表示してくれるソフト。
かなり詳細に表示してくれるので、気に入りました。

このアーカイブについて

このページには、2004年2月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2004年1月です。

次のアーカイブは2004年3月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

最近のコメント

ike on PhotoRec/TestDisk (ディスクデータ復旧): 2009年2月11日 09:49 のリン
データ 復元 on PhotoRec/TestDisk (ディスクデータ復旧): 追加のコメントですみません。 このたび、
ike on 第09回まっちゃ445勉強会: さとうさん。どうもです。 メール、コメ
stealthinu on 第09回まっちゃ445勉強会: それですそれです。 メールのスパムとコ
ike on 第09回まっちゃ445勉強会: さとうさん。どうもです。 「spam_
stealthinu on 第09回まっちゃ445勉強会: そうそう。そんな感じで多段にするイメージ
ike on 第09回まっちゃ445勉強会: さとうさん。コメントありがとうございます
stealthinu on 第09回まっちゃ445勉強会: さとうです。 今回の講師陣で連絡やりと
ike on Cygwinのddコマンドでisoイメージを作成する: みんさん なるほど。 CD-ROMのブ
みん on Cygwinのddコマンドでisoイメージを作成する: 文中、 dd bs=1024k if=/
more...
Powered by Movable Type 4.261