2004年5月アーカイブ

・SiteDigger (Foundstone, Inc Strategic Security)
http://www.foundstone.com/index.htm?subnav=services/navigation.htm&subcontent=/services/overview_s3i_des.htm

ドメインを指定して、「攻撃を受けやすいページ」「設定情報」「エラー」「バックアップファイル」などをGoogleのキャッシュから検索してくれるツール。
管理下にあるサイトの保守に使うツール。

「Google web services API license key」が必要です。
以下サイトから入手すること。

・Google Web APIs - Home
http://www.google.com/apis/

忘れちゃうんでめも。特にWindowsXPの方。

SQL Server (MSDE) の状態や構造が慣例に則しているか確認するツール。
2004/05/31現在英語版しかありませんね。
バージョンは、1.0。

・Best Practices Analyzer Tool for Microsoft SQL Server 2000 1.0
http://www.microsoft.com/downloads/details.aspx?FamilyID=b352eb1f-d3ca-44ee-893e-9e07339c1f22&DisplayLang=en

YamaKenさんのところ経由。
・Microsoft Download Center で見つけているツール
http://blogs.sqlpassj.org/yamaken/archive/2004/05/27/2490.aspx

● 2004/05/29 更新
バッチファイル中で日付を使う方法 : 「dateコマンド、timeコマンド」の項目を追加しました。

● 2004/05/28 更新
KNOPPIX : 「起動ブートオプション」の項目を追加、および、「NTFSの取り扱い」の項目を編集しました。

● 2004/05/27 更新
日本語版 MBSA 1.2 : 日本語版 MBSA 1.2 が正式公開されたので微妙に修正。

● 2004/05/24 更新
MSDE 2000 : 「SQL Server Audit Utility」の項目を追加しました。

● 2004/05/16 更新
時間を合わせる (NTP) : 「ファイヤーウォール環境下で時間を合わせる」に「AdjustClock」の項目を追加しました。

● 2004/05/11 更新
MSDE 2000 : 「Quest Central for SQL Server Freeware Edition」の項目を追加しました。

● 2004/05/08 更新
Mozilla Thunderbirdで Junk Mail の振り分け : 「Mozilla Thunderbird 0.6の場合」の項目を追加しました。

● 2004/05/06 更新
パーソナルファイヤーウォールを入れた時の速度比較 : 「結果 (2004/05/06)」の項目と、『「LiveUpdate」の「Norton Internet Security URL 更新」』の項目を追加しました。

● 2004/05/03 更新
ストリーミングコンテンツの保存 : 「milbesosさん作のソフト」の項目を追加しました。

● 2004/05/02 更新
フリーのウィルス対策ソフト : 「ANTIDOTE for PC AntiVirus の簡易(SuperLite)版」の項目を追加しました。

● 2004/05/01 更新
ブックマークレット : 「使用例 (TBS News-i)」の項目を追加しました。(昨日のニュースを表示するブックマークレット)

・PearPC - PowerPC Architecture Emulator
http://pearpc.sourceforge.net/index.html
「マックOS X」を、Intel社やAMD社製CPUを搭載したマシン上で稼動させられるオープンソースのフリーソフトウェア。

ペアーPCは現状のところ、不完全で不安定、さらに痛々しいほど遅い――ホストシステムの500分の1というスピードだという。
ウィンドウズPC上で『マックOS X』が走るエミュレーター『ペアーPC』

まだまだ実験段階。

「OS X」を持ってないので、しばーーらくは使う機会はないと思うが、手に入れた時に快適に動くようになってることを期待して、めも。

・Introduction (FileSystem Investigator)
http://webmirror.rossi.com/fstools/intro.html
Javaプログラム。
プラットフォームに依存しないファイルシステムビューアで、データの書き出しもできます。

対応フォーマットは、ReiserFS version 3 とEXT2/EXT3となっていたけど、1.0.3 でFAT(FAT12/16/32)が追加されたみたい。
NTFSはまだできないっぽい。

つまり、例えば、Windowsからext2のドライブに直にアクセスしてファイルを抽出できるってことかな?
(書き出し先はNTFSでもいい)

「Forensic Browser」って位置付けらしい。
ハードディスクだけあって、そのパーティションを認識できるOSが入ってるマシンがない時に使える?(そんな時ってあるのかな?)
サルベージにもつかえる?(ファイルシステムが死んでたら意味ないと思うけど)

Linux と Windows XP/2000/NTからは実行可能。
Windows 95/98/MEからはできない。

2004/05/21現在のバージョンは 1.0.3。

・rossi.fstools パッケージの JavaDoc
http://webmirror.rossi.com/fstools/fstools/javadoc/
JavaDocもありました。

ログインしなくても裏で動かしておきたいプログラムってありますよね。
そこで普通のプログラムを WindowsNT/2000/XP のサービスにする方法をいくつか。

・WinBlox @ UMBRELLA.NAME
http://umbrella.name/winblox/
ルールに従って、Windowsのコマンド/ファイル操作を、記録/フィルタするソフト。

7.0.OPEN が出ていたので、Windows 2000に入れてみました。
結果からいうと、「まだ、普通に使用してるマシンに入れるのは怖い」と思います。。
「怖い」理由は下の方に書いてある「注意事項」の項目を参照して下さい↓。
実行するなら先に読んでおく事をお勧めします。
それとも、設定方法を間違ってるのかなぁ。。。?

ここに書いてある事は、私の環境で短時間だけ使用して書いているので、別の環境では異なった結果になるかも。
各自の責任で動かしてください。(どのエントリについてもそうだけど)

SEE:
WinBlox (このblogより)
「WinBlox 6.0.OPEN」について書かれています。

よく使う使うGoogle検索。
でも、機能を使い切ってなかったり。

・Google の基本検索
http://www.google.co.jp/intl/ja/help/basics.html

・Google の詳しい検索方法
http://www.google.co.jp/intl/ja/help/refinesearch.html

・Googleの特殊機能
http://www.google.co.jp/intl/ja/features.html

ちょっと便利な使い方なども書いてみます。

色々調べてるうちにDISK操作関係のリンク集ができてしまったので、書き込み。
よく見てないので、間違ってるのもあるかも。

OSをインストールするとWindowsUpdateしたり、定番のソフトを入れたり面倒です。
ちょっと試験的に怪しいソフトをみたり、無茶をしたいくても、面倒でやめちゃいます。
テストマシンでも何度もやりたくはありません。
VMWareやVirtualPCで試験する方法もありますが、有料だし。。。
そこで、設定後の状態をイメージファイルにバックアップしておいて、元の状態に戻したい時にリストアしたいと思いました。

今回バックアップ/リストアに使ったソフトは、「Partition Saving」です。

・Partition Saving: point d'entrée | entry point
http://www.partition-saving.com/

「ddでやるか?」と思ったんですが、もうちょっと自由度を持たせたいので別の方法にしました(本当はうまくできなかったから)。

他にも、いくつか使ったソフトがありますが、それらは後述。

今回の条件

  • フロッピーブートで復元できる事
  • NTFSを復元できる事
  • 任意(制限あり)のパーティションに復元できる事
  • パーティションのサイズを変更できる事

など

私の環境では、すべて準備が全部整ってれば、CD-Rに保存したイメージファイルからパッチをあてたWindows 2000(2GB弱)を20分強でリストアできました。(パーティションを切り直さない場合)
パーティションを切り直すと、+5〜10分位かな。
色々なソフトを入れて容量が多少増えても数分位しか変わらないと思います。

(2004/10/15 追記 ここから)
SP適用済みのインストールCDを作成するなら、「SP+メーカー」を使用する方法もあるようです。

・SP+メーカーの説明
http://hp.vector.co.jp/authors/VA020927/original/soft/winsppm.html

・インストールCDをSP適用済みに「SP+メーカー」v0.15
http://www.forest.impress.co.jp/article/2004/09/06/okiniiri.html
窓の杜の「SP+メーカー」紹介記事
(2004/10/15 追記 ここまで)

・IECookiesView
http://freehost14.websamba.com/nirsoft/utils/iecookies.html

IEのCOOKIEファイルを表示/削除/編集できます。
この手のソフトは沢山あるだろうけど、たまたま見つけたので。
2004/05/15現在のバージョンは v1.60。

そのうち使うかもだから、めも。

・EVEREST Home Edition
http://www.lavalys.com/index.php?page=product&view=1&subpage=1

パソコンの詳細なシステム情報を表示してくれるソフト。
「AIDA32」から名称変更されました。
機能的には変わってないようです。
かなり詳細に表示してくれるので、「AIDA32」時代からのお気に入り。

SEE:
AIDA32 Enterprise System Information(このblogより)

(2008/08/29 追記 ここから)
2008/08/29 現在 (ずっと前から)EVEREST Home Edition を提供しなくなったみたいですね。
Cow&Scorpionなどからは、まだ古いバージョンをダウンロードできそうですが。
(2008/08/29 追記 ここまで)

・WinUpdatesList
http://freehost14.websamba.com/nirsoft/utils/wul.html

Windows updatesでインストールしたファイルのリストを表示するソフト。
Windows2000/XPで使えます。
選択した更新のMSの情報サイトを表示可能です。
上のペインにアップデートの名前、下のペインにファイル名が表示されます。

・Oinkmaster
http://oinkmaster.sourceforge.net/

最新のルールファイルを自動的にアップデートしてくれるPerlスクリプト。
Windows 2000に 1.0-beta1 を入れてみました。

このアーカイブについて

このページには、2004年5月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2004年4月です。

次のアーカイブは2004年6月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

最近のコメント

ike on Cygwinのddコマンドでisoイメージを作成する: みんさん なるほど。 CD-ROMのブ
みん on Cygwinのddコマンドでisoイメージを作成する: 文中、 dd bs=1024k if=/
ike on ゴミ箱から削除されたとき、復元不可能にするツールってないかな?: double_starさん。お久しぶりで
double_star on ゴミ箱から削除されたとき、復元不可能にするツールってないかな?: どうも私も忘れてました。説明不足ですみま
ike on ゴミ箱から削除されたとき、復元不可能にするツールってないかな?: double_starさん。はじめまして
double_star on ゴミ箱から削除されたとき、復元不可能にするツールってないかな?: はじめまして。おはようございます(笑)
ike on Startup Control Panel / StartupMonitor: ぷちさん、こんにちは。 「プログラムの
ぷち on Startup Control Panel / StartupMonitor: 私はインストーラーバージョン(英語)でコ
ike on 第05回まっちゃ445勉強会: あ、ゆまのさん。補足ありがとうございます
ゆまの on 第05回まっちゃ445勉強会: >どの本を使ったとかも話してくれたけど、
more...
Powered by Movable Type 4.261