SQLの最近のブログ記事

SQL Serverをコマンドラインベースの管理ツールっぽい。
SQL Server 2005 (Express Edition) 以外に、SQL Server 2000やそれ以前のSQL Serverにも接続できるらしい。

・Download details: SQL Server Express Utility
http://www.microsoft.com/downloads/details.aspx?familyid=FA87E828-173F-472E-A85C-27ED01CF6B02&displaylang=en

今回使ってみたのは、Version 1.0.2130。

SQL Server 2005 Express Edition は、MSDE 2000 の次期バージョンであり、SQL Server 2005 の機能限定エディションです。
以下、このエントリでは「Express Edition」という事があります。

・Microsoft SQL Server: SQL Server 2005 Express Edition
http://www.microsoft.com/sql/editions/express/default.mspx
SQL Server 2005 Express Editionのホーム。(英語)

・Microsoft SQL Server Home
http://www.microsoft.com/japan/sql/default.mspx
「SQL Server 2005」のホーム (日本語)
2006/02/18現在、日本語の「SQL Server 2005 Express Edition」の専用ページは私は見つからなかったので。

・SQL Server 2005 Books Online
http://www.microsoft.com/technet/prodtechnol/sql/2005/downloads/books.mspx
SQL Server 2005用の「Books Online」。
オンラインでも見れます。
以下、このエントリでは「BOL2005」と書くことがあります。

そろそろいじっておいた方が良いかなと思って入れてみました。

SEE:
MSDE 2000 (このblogより)

Special Ops Security || Labs
http://www.specialopssecurity.com/labs/sqlrecon/

SQLサーバースキャナ。
いろんな手法で MS SQL Server/MSDE のを探してくれるらしい。

2005/03/26現在のバージョンは、v1.0。

Windows 2000で使ってみました。

・日揮情報ソフトウェア>インフォメーション>キャンペーン情報
http://www.jsys-products.com/info/sales/#dba_cam
DBエンジニア必携ツール 「DBArtisan」 無償配布のお知らせ

「DBArtisan 5.4」を、機能制限なし/期間限定なしで無償ダウンロードできます。
無償配布の期間は、2004年12月20日まで。

Oracle、Sybase、Microsoft SQL Server、IBM DB2 UDBに対応し、1台のPCから複数異種のデータベースを同時に管理できます。

・製品情報>DBArtisan
http://www.jsys-products.com/product/dba/
「DBArtisan」製品紹介ページ

DBArtisanの2004/09/23現在の最新バージョンはDBArtisan 7.2J。
無償配布版とはメジャーバージョンで2つ違いますが、どの辺がどの位違うんでしょう?

無償配布されているDBArtisan 5.4をインストールして、MSDE 2000に繋いでみました。

友達に教わったので、めも。

・Common SQL Environment (Vector)
http://www.vector.co.jp/soft/win95/business/se180732.html

・つみきWeb
http://www.hi-ho.ne.jp/tsumiki/

Oracle、PostgreSQL、MySQLではネイティブに接続が可能。
SQLの開発に必要な様々な機能を提供しているそうです。
まだ使ってません。

気になったので、めも。

ビギナー分科会ML (SQL Server ユーザーグループ)」の「[pml-begin,04422] 大量のデータのdeleteをすばやく行う方法」から始まるスレッド。

中さんの連動記事もあります。
・レコード数が多いテーブルを適正なレコード数にする方法。
http://blogs.users.gr.jp/naka/archive/2004/05/26/2874.aspx

SQL Server (MSDE) の状態や構造が慣例に則しているか確認するツール。
2004/05/31現在英語版しかありませんね。
バージョンは、1.0。

・Best Practices Analyzer Tool for Microsoft SQL Server 2000 1.0
http://www.microsoft.com/downloads/details.aspx?FamilyID=b352eb1f-d3ca-44ee-893e-9e07339c1f22&DisplayLang=en

YamaKenさんのところ経由。
・Microsoft Download Center で見つけているツール
http://blogs.sqlpassj.org/yamaken/archive/2004/05/27/2490.aspx

数年前、JDBC接続をお手軽に調べるツールとして教わったのを思い出したので触ってみました。

・ViennaSQL
http://sourceforge.net/projects/vienna/

SQLファイルを作成しておいて、実行する事が可能です。
実行した結果の「commit」「rollback」が出来ます。(ボタンあり)
CSVファイルにExportできます。
「a"u'eo」というデータを「Quote character fields」しても「"a"u'eo"」と出力されました(普通これでいいのか?)。
「"a""u'eo"」って出力して欲しかったなぁ。
設定ファイルは「C:\Documents and Settings\USERNAME\vienna.xml」にかかれるようです。

「May 15, 2001」が最後の更新のようです。

・Eclipse Plugin for OJB (EclipsePlugins)
http://eclipse-plugins.2y.net/eclipse/plugin_details.jsp?id=325

JDBC経由でデータベースにアクセスするEclipseのプラグイン。
JDBCドライバがあればどのデータベースにもアクセスできそう?

テーブルの定義表示、テーブルの内容表示、SQLの発行(履歴が残せます)などが行えます。
あまり、、、使い易くないかも・・・?

・役立つ、覚えておくと便利なSQL (準新人SE SE日記)
http://www.sint.co.jp/Shain/ishibasi/html/diary38.asp#013001
講演資料(ppt)をダウンロードできます。
SQLを用いた開発の現場で役に立つテクニックを紹介
データベースはOracle9iを想定

Developers Summit 2004SQL講演資料。

後で使うかもだから、めも。

「河端善博の .TEXT でウェブログ」のblogより。
現在、以下の2つをまとめてるそうです。

・Query Tips
http://blogs.sqlpassj.org/yoshihirokawabata/category/103.aspx
T-SQL の使い方
簡単なクエリーや、ユーザー定義関数

・DBA Tips
http://blogs.sqlpassj.org/yoshihirokawabata/category/114.aspx
運用管理の TIPS

(2004/06/28 追記 ここから)
・DEV Tips
http://blogs.sqlpassj.org/yoshihirokawabata/category/173.aspx

・セキュリティ
http://blogs.sqlpassj.org/yoshihirokawabata/category/49.aspx
コンピュータセキュリティについての情報
(2004/06/28 追記 ここまで)

(2004/12/15 追記 ここから)
・セキュリティ TIPS
http://blogs.sqlpassj.org/yoshihirokawabata/category/331.aspx

・PASSJ【Leaders'Report】連載の セキュリティTIPS をブログに掲載
http://blogs.sqlpassj.org/yoshihirokawabata/archive/2004/11/02/5466.aspx
PASSJ が隔週で発行する【Leaders'Report】に連載しているセキュリティTIPSをblogにまとめたもの。
(2004/12/15 追記 ここまで)

認証系はよく混乱します。

・[MDAC/SQL Server]SQL Server/MSDE の認証における問題解決方法
http://blogs.sqlpassj.org/mitsugi/archive/2004/03/04/919.aspx
まとまっています。

・第 4 章 SQL Server 2000 のユーザーと権限 〜 SQL Server 一年生 - データベース基礎編 - 〜
http://www.microsoft.com/japan/msdn/sqlserver/columns/SQLbeginner/SQLbeginner4.asp
第一歩はこの辺から?

(2004/07/07 追記 ここから)
・リモートからSQL Server 2000にアクセスできない?
http://www.sqlpassj.org/dbe/dba/01.aspx
認証に関連したPASSJの記事。
(2004/07/07 追記 ここまで)

MS SQL Serverのバックアップファイルにパスワードをつける事が出来ます。

調べるきっかけになったのはSQL Server メーリングリストの「[SQL:09697] バックアップファイルにパスワードを」から始まるスレッド。
でもまだWEBのアーカイブはないみたい。

最近多い個人情報情報流出。
バックアップファイルから情報が漏れなくなるかと思ってやってみました。

・2004 年 1 月更新の SQL Server Books Online
http://www.microsoft.com/downloads/details.aspx?displaylang=ja&FamilyID=a6f79cb1-a420-445f-8a4b-bd77a7da194b
SQL Server 2000 の完全なドキュメント。
SQL Server(MSDE)いじるんだったら、必須でしょう。

・Microsoft SQL Server: MSDE 2000 Home
http://www.microsoft.com/sql/msde/default.asp
MSDE 2000のホーム。(英語)

・Microsoft SQL Server - テクノロジ - SQL Server 2000 Desktop Engine (MSDE 2000)
http://www.microsoft.com/japan/sql/msde/default.asp
MSDE 2000のホーム。(日本語)

・Microsoft SQL Server - 製品情報 - SQL Server 2000 エディション別機能表
http://www.microsoft.com/japan/SQL/evaluation/overview/Feautures.asp

(私の認識では・・・)

  • MS SQL Server のフリーバージョン。
  • GUIがない。
  • 同時接続ユーザー数が 25 以下の基本的な Web アプリケーションにとっては、MSDE は理想的なソリューション (Webアプリケーションのデータベースとして使用する場合、25人までの同時接続のが可能ということ?)。
  • DBへの同時接続は5らしい
  • DBサイズの上限は2GBらしい (サポート可能な RAM の最大容量と同じなのかな?)
    データファイルの大きさ(トランザクションログファイルは含まない)らしい。

など。

(2005/11/08 追記 ここから)

SQL Server Books Online (2004/01更新) の以下の部分にしっかり書いてありました。

SQL Server 2000 Desktop Engine (MSDE 2000) または Microsoft Data Engine (MSDE) 1.0 を使用する場合は、データベースのデータ部分のサイズを 2 GB 以下にする必要があります。データ ファイルのサイズの合計が 2 GB 以下であれば、ログ ファイルを含めたデータベースの合計サイズは 2 GB を超えることができます。
SQL Server Books Online (2004/01更新) 「SQL Serverのアーキテクチャ」>「インプリメントの詳細」>「最大容量仕様」

↑「データベース サイズ」の説明部分についている「3」の説明部分。

9 つ以上の操作が同時実行された場合、SQL Server 2000 Personal Edition および SQL Server 2000 Desktop Engine (MSDE 2000) の同時実行ワークロード ガバナにより、パフォーマンスが制限されます。
SQL Server Books Online (2004/01更新) 「SQL Serverのアーキテクチャ」>「インプリメントの詳細」>「環境設定オプション仕様」

↑「user connections」の説明部分についている「1」の説明部分。

「user connections」オプションは、Microsoft SQL Server で同時に確立できるユーザー接続の最大数を指定する場合に使用するもの。
ってことは、MSDE 2000 での同時接続数は、パフォーマンスが制限が制限されるだけで、10を超えても接続できるって事かなぁ?
(2005/11/08 追記 ここまで)

ちなみに、(MSDE 2000ではなく) SQL Server 2005 Express では、データベースサイズ制限は4Gになるらしい。

PHP5からSQLiteというDBが入っているそうです。

MySQL や PostgreSQL 比較して機能的には劣りますが、その分速いというウワサがあります。

組み込み型なので、別途デーモン(サービス)を動かす必要がありません。

・PHP マニュアル SQLite
http://jp.php.net/ref.sqlite

・SQLite (An Embeddable SQL Database Engine)
http://sqlite.org/
SQLiteのWebサイト

実力はどんなもんなんでしょう?

・Microsoft SQL Server 2000 SP3 セキュリティ機能と推奨事例
http://www.microsoft.com/downloads/details.aspx?FamilyID=f01c4005-a87f-4351-bce3-069129141926&DisplayLang=ja

Microsoft® SQL Server™ のインストール、管理、および配置に関するセキュリティの推奨事項を説明し、SQL Server のセキュリティ モデルについて詳しく説明します。

だそうです

・SQL Serverセキュリティの基本
http://www.sqlpassj.org/bunkakai/security/series/kihon/01.aspx

5回連載だそうです。

このアーカイブについて

このページには、過去に書かれたブログ記事のうちSQLカテゴリに属しているものが含まれています。

前のカテゴリはSnortです。

次のカテゴリはWebCrawlerです。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

最近のコメント

ike on Cygwinのddコマンドでisoイメージを作成する: みんさん なるほど。 CD-ROMのブ
みん on Cygwinのddコマンドでisoイメージを作成する: 文中、 dd bs=1024k if=/
ike on ゴミ箱から削除されたとき、復元不可能にするツールってないかな?: double_starさん。お久しぶりで
double_star on ゴミ箱から削除されたとき、復元不可能にするツールってないかな?: どうも私も忘れてました。説明不足ですみま
ike on ゴミ箱から削除されたとき、復元不可能にするツールってないかな?: double_starさん。はじめまして
double_star on ゴミ箱から削除されたとき、復元不可能にするツールってないかな?: はじめまして。おはようございます(笑)
ike on Startup Control Panel / StartupMonitor: ぷちさん、こんにちは。 「プログラムの
ぷち on Startup Control Panel / StartupMonitor: 私はインストーラーバージョン(英語)でコ
ike on 第05回まっちゃ445勉強会: あ、ゆまのさん。補足ありがとうございます
ゆまの on 第05回まっちゃ445勉強会: >どの本を使ったとかも話してくれたけど、
more...
Powered by Movable Type 4.261