余震確率

| | コメント(0)

宮城で地震がたくさんおきています。
一日に震度6を3回も記録してるのも、大変ですね。

気象庁は、大きい地震が起きた後、地震がおきる確立を「余震確率」というのを発表するそうです。

日にちはわからなくなっちゃったけど・・・。

1回目 震度6弱 00:13
 M5.0以上(震度5強程度以上)の余震の確率10%未満
2回目 震度6強 07:13
 M5.0以上の余震の確率約20%
3回目 震度6弱 16:56
 M4.5以上の余震の確率50%
 M5.0以上の余震の確率20%

と変更したようです。
実質変更は1回(1回目の地震と2回目の地震の間)ってことかな?

今回の報道で「この余震確率が外れ続け・・・」って報道があったけど、外れたわけではないような?
確率が10%でも、起きる可能性はあるということで?
ちょっと屁理屈かな?
でも、余震確率が相次ぎ変更されるのは不安が増しますね。

コメントする


画像の中に見える文字を入力してください。

このブログ記事について

このページは、ikeが2003年7月28日 22:07に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「夏の日の1993」です。

次のブログ記事は「まだ来ぬ梅雨明け」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

最近のコメント

Powered by Movable Type 4.261