日本海沿岸に巨大クラゲが異常発生

| | コメント(2)

日本海沿岸に巨大クラゲが異常発生し、漁業被害が深刻になっているというニュースを見ました。
「巨大くらげ」で検索してくる人が多いと思ったら、そういうことだったのか。

テレビでダイバーが巨大クラゲと一緒に泳いでるところを放送していました。
すごい迫力。人間が圧倒されてた。
ダイバーは数匹のくらげに押されて「怖い」って言ってた。
確かにあれは、怖い。

その巨大なカサを動かして泳いでるところを見ると、「あー、生きてるー」って感動してしまう(変?)。
録画しちゃったよ。うっとり。

密集してるところを見ると気持ち悪いし、陸に上がってしまったクラゲも好きではないけど。。。
あー、見に行きたい!

漁業関係者にとっては、頭の痛い問題だと思いますが、、、。
魚の値段があがるかな?

直径2m、全長5m、重さ200kgのクラゲ。
夏から秋にかけて日本海沿岸に現れるエチゼンクラゲだそうです。

このエチゼンクラゲは東シナ海で発生し、対馬暖流にのって北上してくるそうです。
去年も日本海沿岸に大量発生し、海流にのり、津軽海峡を抜けて、太平洋側にまで流れてきました。
2年連続の異常発生。去年より今年の方が多いという話も。

上海などの中国沿岸の開発が進み海が汚れたため(富栄養化)、汚れを栄養とするエチゼンクラゲが大量発生したと考えられてます。

去年は、

  • 梅雨の雨量が少なく、海への土砂流入が減ったため、クラゲの生存率が高くなった。
  • 例年より水温が高くなり、早く成長して活発に動いている。

と言ってたけど別の理由もあったのですね。

エチゼンクラゲは数ヶ月で1〜1.5メートルになると聞きました。
数ヶ月でそれだけ大きくなれば、あの巨体も納得です。

また、中華料理などに用いられる食用クラゲの一種だとか。
エチゼンクラゲの大量発生対策に、こんな試みも行われていたようです。

・巨大クラゲ「コリコリうまい」 宮津で試食会(京都新聞:2002.10.18)
http://www.kyoto-np.co.jp/kp/topics/2002oct/18/W20021018MWE1K600000118.html

ちなみに、ビゼンクラゲも食用になるそうです。

コメント(2)

yb :

出社時間が迫っていたのでこのニュース、見られずでした。
で、ネット検索してここに辿り付きました。

現在、くらげすいむしたい病にかかっています。
(ごめんなさい、くらだないコメントで)

ike :

いらっしゃい^^

私はたまたまみれてラッキーでした。
あの映像はまたどこかで使われるんじゃないかな?

ちなみに見たのは、TBSでした。

コメントする


画像の中に見える文字を入力してください。

このブログ記事について

このページは、ikeが2003年10月15日 14:09に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「米の値上がり」です。

次のブログ記事は「不老不死(?)のベニクラゲ」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

最近のコメント

On 日本海沿岸に巨大クラゲが異常発生
  • ike: いらっしゃい^^ 私はたまたまみれてラ
  • yb: 出社時間が迫っていたのでこのニュース、見
Powered by Movable Type 4.261