若年性健忘症

| | コメント(0)

「IT」で若者がぼける? 言われたことや予定を忘れる (2003/10/27) (www.mainichi.co.jp) を読みました。

「モノを記憶する努力をしなくてすむIT社会」により、ぼける年齢でもないのに物忘れがひどい健忘症の若者が増えているという。
「若年性健忘症」と言われてて、「若年性健忘症」の定義は

▽20〜30代なのに社会生活に支障が出るほど、物忘れの程度がひどい▽ただし、外傷や痴呆のような「脳の変性」はなく、脳機能そのものは正常

だそうです。

「病気」ではなく、脳を鍛える事により「正常」に戻ると言う話。

2002年にも若年性健忘症ーー頭をさぼらせるな (2002/09/30) (www.mainichi.co.jp) という同じ内容の記事がありました。

働き盛りを襲うボケ・痴呆症の謎 (F.E.R.C Research Data - 2000/02/13)ものを忘れる若者たち (クローズアップ現代 放送記録 2001/07/10 Tue 放送)など、数年前には既に取り上げられてますね。

特命リサーチ200Xのほうは、テレビで見た記憶あります(良かった、覚えてる)。

人と話をしいると自分が色々と忘れてしまっていることに気づかされます。
「こないだ話した〜なんだけどさぁ」、「この前の〜だけど」といわれても、何のことか分からない。話を聞いてみると、確かにその話は聞いた気がする。
これはずいぶん前からある(ただ単に、人の話を聞いていないだけ?)。
そして、小学校で習うような漢字も書けなくなってます。
うぅーん、気をつけないと。

コメントする


画像の中に見える文字を入力してください。

このブログ記事について

このページは、ikeが2003年10月29日 10:53に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「blogはどの位続けられるか?」です。

次のブログ記事は「署名Web」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

最近のコメント

Powered by Movable Type 4.261