捻挫?(外けい骨)

| | コメント(0)

昨日、階段でこけて、足をひねってしまいました。
いつもはすぐに治るのになかなか治らないから湿布を貼っておいて、今日病院に行ってきました。

足の甲の内側が痛い。
筋を痛めた感じじゃなくて、骨が痛い感じでした。

病院でレントゲンをとりました。
その後、先生に「よく痛くならない?」と聞かれました。
ちょっと足をひねると痛くなるし、スキー靴を履くと今回痛くなった場所が痛くなるし、確かになるなぁ。

先生に説明してもらいました。
足の甲の内側に舟状骨という骨があって、その横に外けい骨という(余分な?)骨があるそうです。
時々そういう人がいるのだとか。
外けい骨から内側のくるぶしにかけて後けい骨筋の腱が伸びていて、その腱が引っ張ると痛いのだとか(だったけ?)。

レントゲンで見ると、舟状骨と外けい骨の間に線が見えるけど、別に折れてるとかヒビが入ってるとかではないらしい。
「捻挫」といわれました。

「有痛性外けい骨」とは違うのかな?

・有痛性外けい骨
http://www.infosnow.ne.jp/~spocli/gaikeikotsu.htm

友達にその話をしたら、その友達の足にも出っ張りが。
きっと、その人にも「外けい骨」があるんだな。

コメントする


画像の中に見える文字を入力してください。

このブログ記事について

このページは、ikeが2004年10月28日 23:58に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「Weblogツールリスト」です。

次のブログ記事は「ろうそく」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

最近のコメント

Powered by Movable Type 4.261