くらげの最近のブログ記事

・”光る豚”県中小家畜試験場が成功 医療への応用に期待
http://www.chunichi.co.jp/00/siz/20040622/lcl_____siz_____000.shtml
中日新聞。
蛍光クラゲの遺伝子を組み込んだクローン豚の写真もあります。
鼻近辺が青白く光ってるのが分かります。

・豚体細胞クローン研究の現状について
http://www.pref.shizuoka.jp/nousei/ns-42/clone.pdf
pdfファイル
クラゲなどの腔腸動物から得た緑色蛍光を発する蛋白質を生産する遺伝子を豚の細胞に導入したそうで。

組み込んだ遺伝子が機能しているかが外見でも分かりやすいために蛍光クラゲの遺伝子を使ったそうです。

・グリーンマウス・・・遺伝子語は種(しゅ)をこえて
http://www.museum.osaka-u.ac.jp/jp/event_content/encaenia-2002-panel/04.html
「いろいろな遺伝子を組み合わせることにより光るマウスが生み出されました」の項目あたりに「クラゲの蛍光たんぱく質遺伝子」が云々な話もあったりして。

がん細胞に緑の蛍光をつけておくと、がんにかかったマウスに薬を投与することによって、それがどのくらい効いているのかを簡単に調べることもできます。
グリーンマウス・・・遺伝子語は種(しゅ)をこえて (大阪大学総合学術博物館 設立記念展 いま阪大で何が? − 人間・地球・物質)

がん細胞は体内に出来るだろうから、切り開いて見るって事かな?
レントゲンだとかCTだとかMRIじゃ、光ってもきっと見つからないなぁ。
(がん細胞を探すのに普通どのようにするか知らないけど)
レントゲンやCTなどを使うのが大変だから、光らせて目視できるようにするんだろうなぁ。
研究用の動物にはやむをえない事?
それとも透けて見えるのかな?

エチゼンクラゲのズワイガニ漁への影響のニュースを見ました。

昨日、冬の味覚ズワイガニ漁が富山県沖より西の日本海で解禁になったそうです。
卵を産み終わったエチゼンクラゲは体力が弱ってくるので、海底に沈降する可能性があるそうです。
海底に沈んだクラゲが、これから本番を迎える底引きのズワイガニ漁に影響しそうとのこと。

まぁ、普通、エチゼンクラゲとズワイガニだったら、ズワイガニの方がいいよなぁー。
ズワイガニが大量発生したら、喜ばれるんだろうか。

また、録画しちゃった。(^o^)

SEE:
日本海沿岸に巨大クラゲが異常発生(このblogより)

ベニクラゲ(花クラゲ目、クラバ科)は不老不死と言うのを見かけました。

本当に不老不死というわけではなく、死んだはずのベニクラゲが、若い世代に生まれ変わることらしい。
成長していくわけだから不老ではないのではないか?
個体として自然死しないという意味らしい。
これを「ベニクラゲの若返り現象」というそうです。

日本海沿岸に巨大クラゲが異常発生し、漁業被害が深刻になっているというニュースを見ました。
「巨大くらげ」で検索してくる人が多いと思ったら、そういうことだったのか。

テレビでダイバーが巨大クラゲと一緒に泳いでるところを放送していました。
すごい迫力。人間が圧倒されてた。
ダイバーは数匹のくらげに押されて「怖い」って言ってた。
確かにあれは、怖い。

その巨大なカサを動かして泳いでるところを見ると、「あー、生きてるー」って感動してしまう(変?)。
録画しちゃったよ。うっとり。

密集してるところを見ると気持ち悪いし、陸に上がってしまったクラゲも好きではないけど。。。
あー、見に行きたい!

漁業関係者にとっては、頭の痛い問題だと思いますが、、、。
魚の値段があがるかな?

いい(?)写真を発見しました。
大きい!

・Yahoo! eグループ : minebeafishingclub
http://www.egroups.co.jp/message/minebeafishingclub/292

(2003/10/15 追記)
比較する対象がないので、大きさがわからなかったですね(^^;)
これはエチゼンクラゲかな?

巨大越前クラゲ

| | コメント(1)

うぅーん。おしい。この下がどうなってるか知りたかった・・・
でも、すごい。
肉(?)も分厚そう。。^^;

・bigjelyfish
http://www2u.biglobe.ne.jp/~tmsafc/bigjelyfish.htm

おにひとで

| | コメント(8)

クラゲではないけど、、、

沖縄で「おにひとで」の大量発生の兆しがあるそうです。
珊瑚を食べてしまうそうです。
1匹が1年間に食べる珊瑚の広さは5m2〜13m2
正常な食物連鎖の範囲ならいいですが、どうなんでしょう。

大繁殖の原因は
1. 天敵のほら貝を人間が取りすぎた
2. 異常気象
が、あげられてるそうです。

1.は人間が崩したんだねー。
一般に、自然修復力があると思うけど、人間が絡んでも修復するのかな?
人間絶滅って形で修復したり?
人間は自然の一員になれるのかな?

そろそろ、カツオノエボシが漂着する季節になったようです。
カギノテクラゲも海草にくっついてることがあるそうで、これも毒性が強いようです。
気をつけましょう。

Jellyfish party

| | コメント(0)

江ノ島水族館主催のジェリーフィッシュ・パーティー。

江ノ島水族館でお酒を飲みながらくらげを観賞しながら、ライブを楽しめます。

・江ノ島水族館「えのすい」公式ホームページ
http://www.enoshima-aquarium.co.jp/
・Jellyfish party
http://www.enoshima-aquarium.co.jp/annai/jfp.html

○タイムスケジュール
2003/06/13(金)〜14(土)
Open 18:00〜
18:30 飼育係と一緒にお魚たちの食事をお手伝い
19:00 くらげのおはなし
19:30 ライブスタート

○ミュージシャン
6/13(金) 端山龍麿 
6/14(土) Temiyan

江ノ島水族館では、過去にも「クリスマススペシャル」や「バレンタインスペシャル」なども行ったみたいです。
ジェリーフィッシュ・パーティーは毎月開催中しているようです。

・産学連携によるクラゲ処理システムの開発について
http://www.energia.co.jp/energiaj/press/press03/p030409.html

海洋細菌から取り出したクラゲ分解酵素によりクラゲを溶解させる,クラゲ処理システムを開発しました。

クラゲが取水口を塞ぎ、海水を利用する工場でトラブルが発生するのでやむを得ないかもしれないけど、ちょっとかわいそう。
溶けるのかぁ、、、こわいなぁ。。。

SAFESEA

| | コメント(0)

・SAFESEA
http://www.lifeguard.co.jp/shopping/safesea1.html

前に教えてもらったくらげよけローション。
日焼け止めの効果もあるそうです。

SafeSeaTM(特許申請中)は、ほとんどのクラゲ、サンゴ、イソギンチャクの毒性から人体を守ってくれる世界初のローションです。
SAFE SEAは、クラゲを寄せ付けないのではありません。 クラゲが寄ってきても刺されないというものなのです。

巨大くらげ

| | コメント(0)

最近、巨大くらげが海底にいるという話を聞いたので、ネットで記事を探してみたけど見つかりませんでした。

こんな記事は教えてもらいました。

・流れ流れて網の中 日本海〜三陸沖、巨大クラゲ大発生
http://www.asahi.com/science/news/K2002120600176.html

大きいのは直径約2メートル、200キロ近い重さがある。

で、でかいですね・・・。

くらげは、プランクトンだから、自力では泳げないのだ。
邪魔者扱いされてかわいそうな気もしました。

さて、巨大クラゲの話があったら、教えてくださいね。

このアーカイブについて

このページには、過去に書かれたブログ記事のうちくらげカテゴリに属しているものが含まれています。

前のカテゴリはSite紹介です。

次のカテゴリは今日は何の日?です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

最近のコメント

ike on ソフトサンティア: chibikoさん。こんにちは。 私も1
chibiko on ソフトサンティア: 今日近所の薬局に行って「ソフトサンティア
ike on コンビニからFAX: ミルフィさん。 うまく送れましたか? 私
ミルフィ on コンビニからFAX: 家のFAXが壊れて、どうしようと思ってい
ike on 自然の渋滞: 動画が見つかったので、本文に追記しました
ike on 自然の渋滞: 渋滞の原因発見!さん。 報告ありがとうご
渋滞の原因発見! on 自然の渋滞: 2車線幅の高速道路。 自然渋滞の先頭はど
ike on 夏の日の1993: こんな歌詞ですよ。 http://www
ニモ on 夏の日の1993: ちなみにどんな歌詞ですか?
まつ on おにひとで: でしょ!笑” てか、ちょっと前まで友達が
more...
Powered by Movable Type 4.261